メイクHOW TO
2022.3.4

2022年春のキーカラーは何色?人気ヘアメイク中山友恵さんが語る「春盛りメイクの極意」

今こそ“ときめき”を大切に、選んで、盛って、楽しんで、新しい季節の喜びや光のきらめきを! 人気ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さんが語る春メイクの極意とは?

中山友恵さん的「春盛りメイクの極意」

\キレイめトキメキメイクの匠/
338
Profile
なかやまともえ/浜田マサル氏に師事後、独立。ヘア&メイク歴は12年目。最小限のコスメでエモいメイクを提案するセンスも神!

極意1

コスメ選びも使い方も “好き”という自分の気持ちを最優先 にする

極意2

赤みの強いカラーは1個まで。 トゥーマッチになるのを防げる

極意3

キーカラーは「イエロー」。 ベージュやオレンジ感覚で使い、新鮮な軽さを演出

開放的な気分に誘われNEOキレイめに進化!

「この春は、私自身の気分もなぜかとっても開放的!(笑)メイクも久しぶりに盛りたい気分だったので、オファーが来てうれしいです」(中山さん)。

中山さんのメイクといえば、まつげの先端など細部まで神がかったように美しい“キレイめ”な仕上がりが特に高評価されていたけれど、今春はそこに“ときめき”もプラスされる予感大!

「メイクは変身願望をかなえるツール。今までみたいに自分を生かした似合うメイクもいいけれど、好きなテイストや理想像があるなら、今の自分と全く違っていても“メイクを通して楽しんで!”と、この春は強く思うんです。『春の盛りメイクの成功の秘訣は?』と聞かれたら、まずは今までの自分やメイクルールと少し距離を置いて、“突き抜ける”ことが大切な気がしています」

色や質感がかみ合わない感じも、それぞれを引き立たせ合えるから“今は好き♪”とも、教えてくれました。正解を求めず、他人の意見を気にせず、この春はメイクを楽しんでみては!?

 

『美的』2022年4月号掲載
撮影/川原崎宣喜 構成/中尾のぞみ、北川真澄

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事