健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.3.26

サウナに入ると肌がすべすべになるってホント?真相を医師に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日々の生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は“サウナ”について。サウナに入ると肌がすべすべになるって…ホント? 「日本サウナ学会」で代表理事を務め、医学的観点から正しいサウナの入り方を提唱する加藤容崇先生にお話を伺いました。

Q:サウナに入ると肌がすべすべになるってホント?

近年のサウナブームは止まることを知らず、若い女性の間でもサウナーが増加中です。その人気の理由のひとつに、「肌がすべすべになってきれいになるから」という美容目的の声が。実際のところはどうなのでしょうか? この疑問を加藤先生にぶつけてみました。

A:ホント

「サウナに入ると体が温まり、全身へ一気に血流が循環。たくさん汗をかいたり新陳代謝が促進されるなど、体の内部から肌の調子を整えてくれる作用があります」(加藤先生・以下「」内同)

サウナで肌がすべすべになる理由

「なぜ肌がすべすべになるのか。その仕組みは、熱刺激を受けることで分泌される“ヒートショックプロテイン(HSP)”というタンパク質が大きく関係します。

HSPには傷んだ組織を修復するはたらきがあり、老廃物が溜まって変形したタンパク質細胞を整えて再度使える形にしてくれるのです。加齢や紫外線ダメージによってコラーゲン組織であるタンパク質は減少してしまいますが、そのスピードを緩やかにすることはできる。サウナを続けていけば、肌の弾力や手ざわりの変化を実感できるはずです。

美肌効果を期待するなら月に9~12回、つまり2~3日に1回入ると良いでしょう」

肌トーンが明るくなる効果も

「体の深部が温まると皮膚表面の温度を下げて体温調整するため、血の巡りが活発になって毛細血管の密度がアップします。これによって酸素が全身へ行き渡りやすくなり、肌に血色感が出て顔色が明るく見える効果が。

反対に、体が温まって発汗する機会が減るごとに、毛細血管の活動は低下していきます。顔のくすみや顔色の悪さを気にするのなら、運動や入浴、サウナといった習慣を身につけると良いでしょう。

ちなみに入浴でもそれなりに同等の効果を得られます。しかしサウナと入浴の大きな違いは、顔まで温められるかどうか。息を止めて湯ぶねに長時間顔をつけておくことは難しいけれど、サウナなら入ってるだけで顔まで温めることができますよね。

温度が高く短時間で手軽に汗をかけるので、忙しい現代人にとってはサウナに入ることがいちばん効率的に毛細血管の密度を上げることができると言えます」

日本サウナ学会 代表理事

加藤容崇先生

日本サウナ学会で代表理事のほか、慶応義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット特任助教、北斗病院で医師も務める。人間が健康で幸せに生きるためには、健康習慣による予防が最高の手段だと言うことに気づき、サウナをはじめとする世界中の健康習慣を最新の科学で解析することを第二の専門としている。自身も筋金入りの「サウナー」であり、サウナブームを牽引する人物のひとり。著書に『医者が教えるサウナの教科書』(ダイヤモンド社)がある。
うつ傾向の解消にサウナがいいってホント?真相を医師に直撃!

記事を読む

文/井上ハナエ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事