健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.1.19

柴咲コウさん「人生においてワクワクするものを選択していきたい。そのためには努力が必要」【美的GRAND】

強い意志とブレない芯をもち、目標に向かって挑戦をやめない人。そんな大人の女性像を編集部でイメージしたとき、真っ先に思い浮かんだのが女優の柴咲コウさんでした。常に熱い視線を注がれる彼女が、その強さを手に入れた理由とは?

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%811027-209

強さの理由
“自分の足で歩む”

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%811027-178

ワクワクするものを選びたい。そのためには努力が必要

2016年に衣食住にまつわる製品の企画・開発を行う会社(レトロワグラース株式会社)を立ち上げ、2020年4月には長年所属していた事務所から独立。女優、アーティスト、会社代表として活動する姿は、まるで中心を貫く1本の芯が目に映るような、凛とした輝きを放っています。

「人生において、ワクワクするものを選択していきたいなと思っています。もちろん精神論だけではダメで、もし不安や悩みが生まれる場合、そこには必ず原因と改善すべき点があるんです。それをひとつずつクリアすることによって、ワクワクが膨らんで、前向きに進みやすくなります。この数年、歳を重ねるにつれてやりたいことの範囲が広がり、今まで周囲のスタッフにお願いしていたことも、自分に処理できるのだろうかという、新たな課題を自らに与えたくなったんです。実際に始めてみて、今までどこか甘えていたんだなとか、誰かのせいにしていた部分に気づき、過去の自分に反省する日々です」

好きなことをして自由に生きていくのは一見楽しそうに見えますが、膨大な努力と覚悟が必要なこと。それを選んだ柴咲さんには、やはり “強い女”という言葉が似合います。

自然の中で生きる、人間の真の豊かさを提供できる存在になりたい

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%811027-093

では、柴咲さんが理想とする生き方とは?

「自分のことよりも、社会って、人って…ということに関心があります。自然の中で生きる人間の真の豊かさについて考えていて、その気づきを与えたり、提供できる存在になりたいと思っています。会社を立ち上げたのもそのため。まずは衣食住の中でも形にしやすかった、サステイナブルな洋服のプロデュースから始めました。社会貢献も、片手間ではなくきちんと企画やプロダクトとして形にすることを考えています。また、いろいろな世の中の常識に捕らわれず、年を重ねても自分らしい生き方をしたい。それが誰かを勇気づけるエッセンスになれたらいいですね」

%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%811027-066

PROFILE
柴咲コウさん
女優・アーティスト。1981年、東京都生まれ。2016年、持続可能な社会を作ることを目標として自身の会社・レトロワグラースを設立し、2018年には環境省より「環境特別広報大使」に任命される。

 

『美的GRAND』2021冬号掲載
撮影/風香(LOVABLE) ヘア&メイク/SHIGE(HKプロダクション) スタイリスト/柴田 圭(辻事務所) 構成/大塚真里

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事