健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2017.4.7

SNSの美しすぎる画像が話題に!美容家・石井美保さんが教えるセルフィー画像の3つの極意

せっかく「なりたい顔」になれたのに、セルフィーを撮ったら〝あれ、なんか違う〟。そんながっかり写真を撲滅すべく訪ねたのは、セルフィー写真も美しすぎると話題の美容家・石井美保さん。研究に研究を重ねて編み出したという秘密のテクニックを大公開!

 

教えて頂いたのは...

石井美保
いしい・みほ/美容家、まつげエクステ&エステサロン『Riche』オーナー。インスタグラムほかSNSなどで披露される欠点のない肌とパーフェクトなルックスは羨望の的!

 

セルフィーは自分の顔だちやメークの研究にもつながります

108top
インスタグラムやブログ発信の美容情報が大人気の石井さん。鏡を使った独特の美しいセルフィーが話題になっていて、撮り方を聞かれることも多いそうですが、元々は肌のツヤ感を最大限引き出すために編み出したもの。「素晴らしいベースアイテムでせっかく作り出した肌ツヤをそのまま撮ってお伝えしたくて。試行錯誤した結果、私のサロンにある、両サイドにライトのついた鏡を使うことを思いつきました。肌に光を当てることでツヤを損なうことなく撮影できるんです。ほかにも最適な角度や笑顔など日々研究中です」石井さんにとってセルフィーは、自分の顔だちやメークの確認作業でもあると言います。「私ってこっちの角度の方が輪郭がシャープに見えるんだな、とか。横から写せば、眉尻や目尻のメークの仕上がりもわかります。美は自分を知ることが第一歩。そのためにセルフィーはとても有効な手段だと思います。ぜひ光の当たり具合や角度など、いろいろなセルフィーを試してみてくださいね」

 

石井さんのインスタグラムは計算し尽くされた美の結晶!
【@miho_ishii】

フォロワー数約6万!
1084
スキンケア、コスメ、食事、撮影舞台裏…と情報のバリエーションが多いことも人気のインスタグラム。

コスメの色がキレイに見える画質
1083
「コスメを撮る際は、色がそのまま出るようにフラットな光で撮るようにしています」と読者に寄り添った投稿も人気の秘訣♥

\美しいセルフィーは話題の的!/
1081
粗のないツヤ肌、ぱっちり大きな瞳など、40歳とは思えぬ美貌に反響多数! 石井さんのセルフィーは鏡に写った自分を撮るのが基本。

 

なりたい私に近づくための 石井美保流 セルフィーの極意

極意1 くすみをとばしてツヤ肌に写す!必ず顔の周りに〝光〟を当てる
「暗い所で撮ってはせっかく血色のいい肌に仕上げても台無しに。顔周りにライトを当てて撮るか、自然光を使うなら午前中の窓際などで撮る。特に目に光のキャッチが入ると、イキイキとします! 光のないマットな黒目だと沈んだ印象になるので気をつけて」

 

極意2 石井流のキーポイント!撮るのは〝鏡〟に写った自分!
1091
「鏡を使ったセルフィーのいい所は、カメラのモニターと鏡の両方で写り方を確認できることや、引きで撮れる分、フェースラインの角度の調整をつけやすいことです。また、大きな鏡を使えば、着ている服や後ろの空間も生かした写真を撮ることができますよ」

 

極意3 右から、左から…いろいろ試して!自分がいちばん美しく見える最適な〝角度〟を探す
1092
「基本的に輪郭は正面から撮るより角度をつ
けた方がシャープに写ります。右向きと左向きでは『右の方がクール』など人によって印象も変わるもの。なりたいイメージを目指してベストな角度を探してみて。そして、上から撮ると小顔効果も出るのでおすすめです」

 

極意4 イキイキとした写真の決め手!〝笑顔〟にも気を遣ってよりHAPPYに
「お澄まし顔のセルフィーも素敵ですが、やはり笑顔の方がHAPPY感がありますし、その分〝いいね〟も多くつく気がしています。笑顔の作り方は私もまだ模索中ですが、自分ではオーバーかなと思うくらい口角を上げて笑う方が、写真ではいいと思います!」

 

 

『美的』2017年4月号掲載
撮影/当瀬真衣(TRIVAL) へア&メーク/大野朋香(air)
撮影協力/AWABEES デザイン/GRACE.inc 構成/加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事