健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2016.6.21

大人気サロンが教える たった3分で小顔になる簡単マッサージテクニック

太っていたって、丸顔だって、二重あごだって、小顔になるのは夢ではありません! 今回は、多くのモデルや女優たちが通う大人気サロンのとっておきセルフマッサージテクニックをご紹介! たまった水分や血流を流すだけで顔のラインがスッキリするのを実感するはず。今日からさっそく実践してみて。

 

むくみや滞りのない、すっきり卵形の小顔に!

111

 

 

大人気サロンが教える道具いらずの簡単メソッド
3分マッサージで小顔!
まずはセルフマッサージで小顔を目指す方法から。「細い筋肉や毛細血管、リンパが集中している顔は、放っておくとコリや老廃物がたまり、大きくなりやすいのです。流してほぐすマッサージで、本来の骨格に沿ったサイズに!」(ソリデンテ南青山 院長 小野晴康さん)

 

流す
たまった水分や血液を流し、すっきり顔に!

1.あご下の筋肉の始点をほぐす

110,1,1

筋肉の始点が集まるあご下のくぼみに親指の腹を当て、強めに5秒プッシュ。これで顔全体の筋肉が緩む。

 

2.親指を耳の下に向けて動かす

110,1,2

あご下から耳下へ向けて、親指で5回こする。血管やリンパが流れる部分なので、しっかり押し流して。

 

3.鎖骨のくぼみをプッシュする

110,1,3

顔に向かって伸びる筋肉の始点が集まる、鎖骨をプッシュ。くぼみに親指を当て、ぐっと強く押し込む。

 

4.筋肉をこすって緩める

110,1,4

耳の下に指の腹を当て、鎖骨に向けてスーッと5回こする。こわばった筋肉を緩め、リンパの流れを改善。

 

5.わきの大きな血管を押し流す

110,1,5

わきに通った大きな血管が滞っていると、血液が顔に集中してむくみの原因に。まずは前側をつまんで流す

 

6.わきの下もよくほぐして

110,1,6

腕を上げ、わきの下もよくもみほぐす。3〜5は反対側も同じように繰り返し、滞りのない状態に。

1 2 3

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事