健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2022.9.29

アン ミカさん「ハッピーなことを書いて幸運体質に」|『ポジティブ手帳2023』スペシャルインタビュー

\"\"

いつもポジティブに過ごすアン ミカさん。幸運体質で生きる秘訣を教えてもらいました。

モヤモヤもポジティブ変換!ハッピーなことを書いて幸運体質に

202210gp195-1
ぺージをめくる度、目に留まる言葉に、ふと心が軽くなる。アン ミカさんの“元気と強運の素”であるポジティブワードも注目を集めたのが、自らプロデュースした『ポジティブ手帳』。

「私自身はまだまだ未熟な人間ですが、ポジティブワードを音読して潜在意識にインプットすることで、前を向けるんです。人は目から得る情報の影響が大きいといわれます。ニュースやSNSなどでネガティブな情報に触れる機会が多い中で、2023年版の手帳も前を向いて日々を過ごすきっかけになるとうれしいですね」

その理想を形にした手帳には、新月や満月、天体の動きに沿って運を味方にする過ごし方、キレイを導く二十四節気の養生法も。

「モヤモヤした気持ちも、星回りや季節の変わり目など自分ではどうにもできないことのせいにすると、気持ちが楽になります。思考と心や体の健康はリンクしていますから。昔から、人は自然や季節の影響を受けながら生きています。それが毎日持ち歩く手帳でわかると、何事も自分でポジティブ変換する術が見つかると思うんです」

その日のいい出来事を書くスペースも、「幸せ発見上手」になるためのこだわり。

「うれしかったことを手書きし、目で見て、頭の中で反芻する。自分発信で書くことで自己肯定感も高まります。幸せ見つけ上手になって、自分を慈しんで欲しいですね」

今秋、50歳にして初めてミュージカルの舞台に立つ。モデルとミュージカル俳優、どちらを目指すか本気で悩んだ時期があった程、舞台には憧れがあったそう。

「人生を振り返ったとき、挑戦し続ける自分を見たいから、必死で稽古をしています。仕事を始めて35年後に願いがかなうなんてありがたくて。私は仕事では遅咲きですが、『こうなるといいな』という願いはひとつずつかなってきました。実現したいことのために勉強を続けていると、準備ができた頃にチャンスがやってくるんです。自分が選んだことが人生の道しるべになるのだから、ダメだと思わず、一歩を踏み出してみて欲しいです。その人生プランにこの手帳を活用してもらえたら!」

It’s my it!

“心配り”ができる大人に

細やかな心配りができる人は美しい。心に余裕ができるよう自分にも気を配って。「心配より、心配り」です。

内臓の乾燥にはフルーツ

夏の終わりから内臓も乾燥し、乾燥が進むと不調の原因に。梨や桃など、フルーツを積極的にとって潤いを届けて。

【BOOK】『ポジティブ手帳2023 365日、アン ミカ思考で幸運体質!』

202210gp195-6
「良い波動をもつお守り手帳」と話題の“ポジ手帳”の2023年版。週替わりのポジティブワード、二十四節気の漢方養生法など、心や体を整えて、背中を押してくれるヒントが満載。使ううちに、良い出来事を引き寄せる幸運体質に近づけそう!
¥1,980/小学館

 

Profile
202210gp195-2samune
あんみか/1972年韓国生まれ。’93年にパリコレ初参加。以降、モデル、タレントとして幅広く活躍。「漢方養生指導士中級」「日本化粧品検定1級」など20個の資格をもつ。ミュージカル『シンデレラストーリー』(9月6〜19日東京公演ほか)に魔法使い役で出演。

 

『美的』2022年10月号掲載
撮影/前田 晃(MAETTICO) ヘア&メイク/miura(JOUER) スタイリスト/加藤万紀子 構成/松田亜子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事