健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2022.5.25

JO1・大平祥生さん「今の僕らだから歌える曲が満載の自信作」|2ndアルバム『KIZUNA』スペシャルインタビュー

\"\"

デビューから2年のJO1の大平祥生さんの感情の変化とは?挑戦を続ける大平さんにお話しを伺いました。

心を開けるようになりました。考え方が変わると、毎日がハッピーに!

kd_img396455
「最近、メンバーにいじられることが多いんですよ」。そう楽しそうに話してくれる大平さん。デビューから2年、周囲との関わり方にも変化があったよう。

「何事にも構えがちだったのですが、今は『ドンと来い!』って感じで、周りにも心を開けるようになった気がします」

そんな心境の変化と共に臨んだJO1の2ndアルバム『KIZUNA』は、「今の僕らだから歌える曲が満載です!」という自信作。

「新曲が7曲も入っていて、ドライブ向きの曲も多いです。僕が好きなのは、『WalkIt Like I Talk It』。ちょっと挑発的で、まだまだ落ち着いてなんかいられない、ここから行くぜ、という荒ぶる感じがあってカッコいいです。『Algorithm』という曲では、サビ前のパートで声をがならせて歌っているので、僕の違う一面を見てもらえると思います。『Touch!』もめちゃくちゃかわいいんですよ!」

苦難をともに乗り越えてきた仲間やJAM(JO1のファンネーム)との絆。アルバムタイトルには、そんな思いが込められている。シンクロ率が高いという評判に甘んじることなく、「慣れで踊りたくはない」と、毎日ダンスレッスンを重ねる。一方で、メンバーきっての美容男子は日々の保湿や紫外線対策を怠らず、髪を洗った後はオイルケアをし、すぐに乾かすのが習慣。

「意識してセルフケアすることでマインドを強くもてるようになった気がします。自己肯定感を高くもつことが、肌にも健康にも大切なんだろうなって、最近思うんです」

美容、学び続けている中国語、もっと頑張りたいという声優業。挑戦を続ける大平さんは、「あまり悩まなくなった」そう。

「最近、自分の動画を見て『アホやな~』とツッコミを入れています。以前だったら恥ずかしく、自信をもてなかったのですが、今は笑える。人生なるようになる!と考え方が変わると、ハッピーな人とより出会えるようになった気がします。“歩くパワースポット”に少しは近づけているといいですね。この夏はJAMの皆さんにたくさん会いたい。あと、また『美的』さんに出させてください!ファンデーションの落ちにくいつけ方とか教えてほしいです!」

It’s my it!

イヴ・サンローラン・ボーテ

ピュアショットシリーズは継続して愛用中。ローションとライトセラムが好き。ブランドアンバサダー就任は感動でした!

あいさつしっかり、謙虚に、楽しく

お仕事で大切にしていることです。スキンケアは「乾燥したらすぐケア」。シカエキス入りのシートマスクが好き。

【Music】『KIZUNA』 JO1

kd_jo1_kizuna_c
「僕たちの絆、ともに楽しもう」をテーマに、通常盤は、タイトル曲の「With Us」などの新曲7曲に、アニメOPで話題の「Move The Soul」などを収録。5月25日発売。
通常盤(CD+ソロポスター)¥3,300/LAPONE ENTERTAINMENT

 

Profile
kd_img396455
おおひら・しょうせい/2000年京都府生まれ。17歳で単身アメリカにダンス留学。オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』を勝ち抜き、JO1として,20年3月にデビュー。放送中のアニメ『群青のファンファーレ』(TOKYOMXほか、毎週土曜23:30~)では声優を、JO1として、イヴ・サンローラン・ボーテのブランドアンバサダーを務める。

 

『美的』2022年7月号掲載
撮影/杉江拓哉(TRON) ヘア&メイク/西尾さゆり 構成/松田亜子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事