ボディケア
2020.6.12

運動不足は背中に現れる!脂肪をほぐすマッサージですらりとした後ろ姿を取り戻して

肩こりがある、運動不足という人は、気づかぬうちに背中にお肉がついているかも!? ノースリーブが映えるすらりとたおやかな後ろ姿を手に入れましょう。

ノースリーブの似合う背中に!

【1】本来の肩の高さを思い出そう

「姿勢が悪いと、肩胛骨が固まり、肩がもち上がって首をすくめたような状態が常となりがち。一度思いっきり肩をもち上げ耳に近づけたら、肩胛骨を意識して肩を下げてみて。その時の肩の位置こそ、本来の肩の高さです」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

\ぎゅっと思いっきり肩を上げて/
%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_10

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_11

 

【2】運動不足は背中に現れる!

「運動不足で肩胛骨がこり固まると肩、首、背中などあらゆる部位に影響が。肩胛骨周りには脂肪燃焼に関わる褐色脂肪細胞が多く存在するので、常にしなやかな状態を保ちましょう」(水井さん)

 

【3】肩胛骨をしなやかにして背中の厚みを取るマッサージ&エクササイズ

ストレッチで本来のS字カーブを呼び起こす(ボディワーカー 森 拓郎さん
%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_12
脚を伸ばして床に座り、両ひざを軽く曲げ、右手で左足の外側をつかむ。左足をひざの高さまで上げ、ひざを伸ばしながら外側に脚を開く。肩を下げて背中を丸め息を吸い、吐きながら30秒キープ。反対側も同様に。猫背とは異なる背中のカーブへ。

 

エクササイズで背筋を鍛えよう(水井さん)
%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_13
うつぶせになって両足は軽く開き、両腕を前に伸ばす。そのまま左手と右脚、右手と左脚を交互に上げて1秒ずつキープ。ゆっくり10回行って。
%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_14
腕を前に伸ばしたうつぶせから、両手と両脚を同時にもち上げる。おなかで支えて4秒キープ×10セット。肩胛骨を動かし、背中の上と下の両方を鍛える。

 

マッサージで背中の脂肪をほぐし、くびれを作ろう(エステティシャン 三谷麗奈さん
1.両手の親指と人さし指で背中の脂肪をつまみ、中央から外側に向かって指の位置をずらしながらまんべんなくほぐしていく。
%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_15
2.10回つまむと次第に柔らかくなってくるので、今度は片側ずつ両手で背中の脂肪を掴み、さらに脂肪をほぐす。左右各10回行う。
%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_16
3.背中の中央からわき腹、下腹部を通り、そけい部(足のつけ根)まで流す。手のひらの腹で脂肪を押し流すイメージで各10回行う。
%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88_17

 

教えてくれたのは…
%e6%a3%ae%e6%8b%93%e9%83%8e
ボディワーカー 森 拓郎さん
数多くのモデルや女優が信頼を寄せる人気トレーナー。『30日で白Tシャツの似合う私になる』(ワニブックス)ほか、著書多数。

%e6%b0%b4%e4%ba%95%e7%9c%9f%e7%90%86%e5%ad%90
トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
著書の『水井真理子の寄り添い美容 どんな時も誰でも、一生きれいが手に入る 決定版』(集英社)も話題に。

mitani
エステティシャン 三谷麗奈さん
プライベートサロン『R-BlooM』主宰。技能五輪世界大会に出場し、日本人で初めて世界2位に。後進の育成にも携わるすご腕エステティシャン。

 

『美的』7月号掲載
撮影/天日恵美子 イラスト/牛久保雅美 構成/村花杏子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事