ボディケア
2019.1.23

美的専属モデル・有村実樹さんのお風呂のルール|冷えとむくみを取る風呂活のポイントは?

冷えたりむくんだり、冬の寒さで調子の悪くなった体は、その日のうちにお風呂で一気に浄化を。美のプロが愛用中の入浴剤&美アイテムを取り入れて、お風呂の入り方改革してみませんか?

181012_0076
モデル 有村実樹さん
美に関する造詣が深く、日々の生活の中でナチュラルに美肌と健康的な体を育んでいる姿に注目が集まる。

「お風呂は大好きだけど、湯船に長時間つかると、肌が乾いたり体がだるくなってしまうんです。血流や発汗を促す入浴剤を入れて、額に汗がじわりとにじむくらいが目安。効率良く10分程度でしっかり温まるようにしています。そしてバスルームの中でボディケアと着替えをすませ、せっかく温めた体を冷やさないことも意識しています。」

有村さんのお風呂ルール

(1)短時間で効率良く体を温める
(2)長くお湯につかるなら水分補給を
(3)入浴後の体を冷やさない

\長風呂する日は500ml以上の水を飲んで脱水を防止!/
181012_0108

冷えや心の疲れもほっこり癒される♪

ヒノキボールは湯船に入れておくだけですがすがしく心地いい香りのお風呂に。リラックスできるから、副交感神経が優位になり、血流UPを期待できます。自宅で気軽に温泉気分を楽しめる『薬泉めぐり』も大好き! 中でも濁り湯系がお気に入りです。
181012_0386
(左から)
天然のヒノキをボール状にしたもので、分泌される香り成分にはリラックス効果があるといわれ、手軽に森林浴気分を楽しめる。湯船に浮かべたり、寝室や玄関などに置くことで消臭・殺菌効果も。
ヒノキボール/私物

北海道十勝川や山形県銀山、鹿児島県屋久島、長野県田沢の名湯を日替わりで楽しめる個包装タイプ。
アース 製薬 薬泉めぐり[医薬部外品] 18包/私物

すぐに体が温まる入浴剤は冬の必需品

入浴剤選びは基本的に温め効果を重視。『きき湯』や『ホットタブ』のような炭酸系は鉄板ですね。生薬配合の『バスクリン 薬湯』シリーズはさらっとした肌当たりで湯上がりがさっぱり気持ち良く、成分的にも信頼!

181012_0360
(上から)
バスクリン きき湯 ファインヒート スマートモデル[医薬部外品] 400g ¥933(編集部調べ)

同 薬湯 温感EX[医薬部外品] 600g ¥600(編集部調べ)

ホットタブ重炭酸湯 薬用ホットタブ重炭酸湯[医薬部外品] 10錠 ¥1,000

アロマを取り入れたいときは…

p1%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0
森林系の香りで気持ちからすっきりと♪
精油は直接肌に触れると刺激が強いため、そのまま湯船に入れるのはNG。大量に汗をかけるラグゼの『デッドシーバスソルト』に数滴混ぜています。水を飲みながら15分程温まれば、むくみも疲れ感もスッキリ。

 

『美的』1月号掲載
撮影/当瀬真衣(TRIVAL/モデル・イメージ)、広瀬美佳(静物) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/坂下シホ 構成/松村有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事