ボディケア
2016.10.24

ダイエットには乳酸キャベツがアツい!?最新ヤセ事情大公開!

ザワークラウトのことで健康番組などで取り上げられ話題になった「乳酸キャベツ」。キャベツを塩漬けにして発酵させたもので、酵素と食物繊維と乳酸菌が同時にとれる美腸食品なのです。ダイエットだけでなく、暴飲暴食したときにもGOOD。作り方も簡単なのでぜひトライしてみて!

biteki08180325

【作り方】
刻んだキャベツに塩を振りかけ、重しをして常温で置く。泡が立ってきたら発酵している証拠。数日から1週間、好みの状態まで発酵させる。その後は冷蔵庫で1か月程度保管できるので、作り置きもできる。

 

◆美腸フード4選!

biteki08180372

腸内環境を整えてくれ、ダイエット効果もあるとウワサの美腸フード。でもいっぱいありすぎてどれを摂ってよいのか分からないというあなたに、解説☆

1.菌
人間の腸にとって〝善〟な性質をもつ細菌を補うことで、腸内環境が改善されます。代表格は、ヨーグルトに含まれる「ビフィズス菌」や「乳酸菌」。ビフィズス菌の一種には、脂肪蓄積や体重増加を防ぐ効果も。しかし、外から菌を与えても数日で排泄されてしまうので、いい菌を増やしたいなら、菌のエサとなる食物繊維も一緒に摂ると◎。

2.酵素
消化・吸収・代謝・排泄のすべての段階で働いてくれる万能なたんぱく質。必要な酵素は体内で生成されます。熱や酸に弱いため、消化吸収目的で食べ物から摂取するなら、生の果物か野菜が良いといわれる。

3.酵母
菌のひとつ。サプリでとる酵母は、酵母自体に食物繊維が含まれるため、腸の働きを助ける作用があります。アミノ酸も摂取できるのも良いところ。

4.発酵食品
菌や酵母の働きによって変化した食品のこと。植物を発酵させた食品には食物繊維が多く含まれるため、腸内環境を整える働きにもあります。

 

 

 

撮影/sono(bean) スタイリスト/西崎弥沙 フードコーディネート/渡辺ゆき デザイン/ohmae-d 撮影協力/UTUWA 構成/もりたじゅんこ、越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事