ボディケア
2022.5.28

私の首&肩「亀さん化」してない?レベル診断と簡単ストレッチをCheck!

\"\"

スマホ&PC作業時間増加中の皆様に緊急アラート!鏡を見て、首が以前よりも短くなった気がしたら要注意。首が前に出て、背中は丸まる「亀化」現象が起こっている可能性大。放置すると、体型がくずれていくだけでなく、顔のたるみなどほかの部分にも影響が出てくる危険が。

あなたの「亀さん化レベル」を診断テストでチェック!

竹谷内医院院長

竹谷内康修先生

整形外科医・カイロプラクター。首や肩に悩む人が全国から通う、頸椎症のプロフェッショナル。著書『頸椎症の名医が教える竹谷内式首トレ』(徳間書店)も大好評。

リラックス下手な生活習慣が最大の要因

亀さんシルエットを作るいちばんの要因は“自律神経の乱れ”と話すのは、整形外科医の竹谷内康修先生。
「姿勢を作るのは神経。交感神経が優位になると、体は緊張しておのずと首や肩にグッと力が入ります。要所要所にリラックスタイムを作って神経と体のこわばりを解いてあげることがベストですが、そこで要注意なのが“スマホを見ること”です。見るときに無意識に集中力が高まり、リラックスできていない状態なので、肩や首はこわばったまま。5〜10分程度でいいのでノースマホでホッとできるひとときを過ごしたり、体を伸ばしてほぐしてみたりしましょう。体の歪みを考えると、理想は30分に1回は体を動かすこと。立つだけで背筋はスッと伸びるので、多忙なときは立つだけでも良いと思います。神経のスイッチをオフにする習慣が身につけば、するっと脱・亀さん化できるはずです」

まずは診断テストであなたの「亀さん化レベル」を確認してみて!レベル診断に加えて、亀さん化を解消する首と肩の簡単ストレッチ方法もご紹介するので、最後まで読み進めてくださいね♪

診断を始める

 

『美的』2022年6月号掲載
撮影/深山徳幸 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) スタイリスト/河野素子 モデル/朝香りほ イラスト/green_k 構成/むらなかさちこ WEB再編集/多喜景子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事