ヘアニュース
2009.11.19

【アヴェダ_01】すごいゾ、この盛りっぷり!!思わずどよめく“ふわorガチワックス”

壇上のモデルの限界まで盛り上がったヘアスタイルを観ながら、18世紀のフランスにもしこのワックスがあったら、マリー・アントワネットを始めとする貴婦人たちのヘアスタイルは、どんなことになっていたのだろう?とまるで意味がない想像をしてみたりする…。
いつものコーンにソフトクリームをどこまで高くのせることができるのか??そんなチャレンジに等しいスタイルは、1歩どころか10歩20歩移動しても、私の心配をよそにビクともしない。うーん、これは頑張った!! TVチャンピオンで盛り髪選手権なんてものが行われたら、アヴェダのセッション スタイリストのEIKI氏は、優勝するのではあるまいか!?

多くの発表会はおよそ40分から45分程で終わったりもするのだけど、今回は約90分。時間がほとんど倍というだけあり、内容も超充実。
まず、新製品のふんわりニュアンスワックス(←私が勝手につけた愛称。正式名ライトエレメンツ テクスチュア クリーム ワックス)と、先の盛髪ガッチリワックス(これも勝手な愛称。正式名ライトエレメンツ シェイプ ワックス)の2品の紹介があり、次に美白マッサージマスク、その後、化粧を落として今回の新製品のために新たに開発したマッサージメソッドを、化粧を落とした自分の顔で試す、というプログラム。
なるほど、アヴェダらしい。スキンケアよりもヘア関連のアイテムを先にプレゼンするブランドって、なかなか他にありませんから。

そもそもアヴェダは1978年に、ヘアスタイリストが開発したヘアケア製品から始まった。スキンケアの登場はその6年後。数年前からトレンドとなっているロハスとか自然派とかオーガニックとかいったことは創業時からのコンセプトで、31年も経った今は、自然派ブランドどころか地球規模のCSR(*1)企業へと着実に成長。100%風力発電で企業活動が賄われているとか、世界中の先住民族や農家の人々とパートナーシップを組み、製品調達をすることで彼らの生活が安定したとか、そんな話を聞くと素晴らしい!と思ってしまう。企業としての地球貢献度は、化粧品業界随一といってたぶん過言ではないと思う。

で、商品ですが、新製品のヘアワックス2品は自然界由来成分95%以上とのこと。ワックスはケミカルな成分を使ったほうが仕上がりがいいという気がしていたのだけど、これはそんな心配は無用。ふんわりもガッチリも自由自在。それでいて当然ながら貴重なオーガニック認定アロマがたっぷり入っている。
これはまさにトリートメントと整髪料の2in1ワックスといえちゃいそう。

感触&仕上がりはそれなりといった自然派コスメも少なくない中、同じ自然派でも、アヴェダはオールOKな進化系であることをつくづく実感。ゴミの分別はきちんとしなくちゃと(ワックスの容器は99%再生素材。外箱は80%再生紙)、柄にもなく心に誓ったのでした!

ということで、ヘアワックス編は終了。
続けてマッサージマスク編も見てね!

*1…Corporate Social Responsibilityの略:企業が利潤追求のみならず、社会に与える影響に責任を持ち、消費者、被雇用者、地域コミュニティなどの要求に従い、適切な意思決定を行うこと。

[商品情報] すべて2月11日発売予定
ライトエレメンツ テクスチュア クリーム ワックス(74g ¥2,940)
ライトエレメンツ シェイプ ワックス(74g ¥2,940)
■HP:http://www.aveda.co.jp/

取材日:2009/11/10(TUE) MODAPOLITICA(表参道)

(photo A:ページ右上)
見よ、この迫力の盛りっぷりを! ちなみにパネルのモデルは使用前。もちろん固める系スプレーなんか使わずに、ライトエレメンツ シェイプ ワックスだけで驚きのハイパー盛り盛りヘアに。

(photo B:ページ右上)
ライトエレメンツ テクスチュア クリーム ワックスでふんわり動きのあるヘアを。使ってみると、グレープフルーツやマンダリンなどの香りがふんわり漂いいい感じ。

(photo C:ページ下)
ワックスにはアロマ認定のグレープフルーツ、マンダリン、ジンジャー、シナモン、サンダルウッドが入ったスパイシーシトラスの香り。だからディスプレーもグレープフルーツがお目見え。会場中に心地よい香りがふわふわ香っていましたっけ。

(photo D:ページ下)
彼こそがアヴェダの“盛り髪マスター”EIKI氏。4つのアレンジを壇上で披露してくれました。

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事