渡辺佳子のナチュラルコスメ入門
2020.6.14

夏のボディメンテ!フランス発の植物による高品質アロマケア「フィナリテ」【渡辺佳子さん連載vol.190】

じょじょに汗ばむ季節になってきました。暑くてもカラッとしていればよいのですが、湿度が高い日は朝からだるさを感じて何もやる気が出ないことがありますね。そして蒸し蒸ししていても強い紫外線にあたると肌は乾燥していきます。わかっていても、ベタベタするものはつけたくないというジレンマもあり、つくづく日本の夏は気持ちの持ちかたやボディメンテナンスが難しいと思います。

そこで今回ご案内したいのは“心にもきもちよく美しく”を目ざした、植物によるアロマケア「フィナリテ」です。本来はアスリートのために開発され、日々のトレーニングにおける過酷な肌環境や、気持ちへのサポートを考えたもの。それだけに品質にこだわって開発されているので、アスリートでない私たちも、日々の生活にうまく取り入れることで十分メリットを感じることができます。

watanabe-6

フィナリテとはフランス語で「究極の目的」「目的の先」などという意味を持っています。この製品はフランスの植物原料スペシャリストとともに、エッセンシャルオイルを用いたアプローチで作られたメイドインフランス製品。徹底したオーガニック品質を追求して、フランスの機関「エコサート」の認定を取得しています。今回はとくに夏にお勧めしたい2アイテムにフォーカスしてご紹介します。

watanabe-3

アヴァン(ボディ用化粧水)
50ml ¥3,800

液だれのない使いやすく快適なスプレー式ボディ用化粧水。アヴァン(AVANT)はフランス語で「〜をする前」という意味です。配合している精油は、カンファー、ローズマリー、パチュリ、ペパーミント、サイプレス、サンダルウッドなど。原材料の100%が天然由来成分、原材料の96%がオーガニック栽培由来という高品質です。

朝から外が曇ってどんより、もしくは雨…いや晴れていても自分の気持ちが重いなど、日によってどうしてもやる気が出ないときがありますよね。そんなときはシャワー後にこれをひとふき!
また、今日はどうしても集中して取り組まなければならない仕事があるとか、仕事に限らず“面倒だけどのばしのばしにしてきたあれを今日こそ片づけないとマズい”…というような瀬戸際で、気持ちをそこに向かわせるためにも。

そもそもはアスリートがトレーニング前に体と気持ちを準備するために使う目的で作られたボディケアなので、たとえばランニングやマシントレーニング、自宅でするリモートエクササイズなどの際に“さぁこれからスタート!”と気持ちや呼吸を整えたいときにひとふきという使いかたでも、もちろんパフォーマンスを上げてくれると思います。

私は原稿書く前の気合い入れや、体が重いけど頑張って出かけなければというようなときによく使っていて。これが結構ばかにできないサポート力があって何度も助けられており(笑)、精油の力っておもしろいなと思います。

watanabe-2

アプレ(ボディ用オイル)
50ml ¥4,800

アプレ(APRÈS)はフランス語で「〜した後」という意味で、アスリートのトレーニング後の肌ケアとして開発されました。
浸透性が高いオイルにしているため、つけた後の吸い込みがよく、もちろんベタつきは感じませんし驚くほど早く服を着ることができます。さっと着替えることができるのはアスリートならずともストレスフリーで助かるメリット。そしてリラックスできる香りの効用もあるため、お風呂上がりにゆっくりしたいとき、また暑い日の終わりに気持ちも筋肉もトーンダウンさせ安眠に導くためのマッサージオイルとしても。

こちらの精油ブレンドはプチグラン、フランキンセンス、ローズヒップ、ローズマリー、サイプレス、ハッカ。オイルはもちろん植物油で、サンフラワーオイル、スイートアーモンドオイル、アルガンオイルを使用。いずれも質の高いオーガニックオイルを選んでいて、保湿力が高いのにさらっとすっと入り込みますから夏のボディケアに最適だと思います。原材料の100%が天然由来、原材料の64%がオーガニック栽培由来です。

製品についてさらに詳しいこと、そのほかの2製品については公式HPをどうぞ=>

www.finalite.jp

*価格は全て税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事