渡辺佳子のナチュラルコスメ入門
2022.5.31

ザ・ペニンシュラホテルズの「ペニンシュラ・ウェルネス」をたっぷりとご紹介!【渡辺佳子さん連載vol.237】

今回は、久々にホテル界のニュースを!
ザ・ペニンシュラホテルズの「ペニンシュラ・ウェルネス」のご紹介です。これは2022年5月9日からスタートした、ゲストの健康増進を最大限にサポートする新プログラム。そのなかには「ザ・ペニンシュラ東京」が独自に展開している、植物由来でサステイナブルな食事「ナチュラリーペ二ンシュラ」最新バージョンも含まれています。日本らしいアプローチを追求し、精進料理のマスターとコラボレーションした内容をメインに、東京のトップホテルが提案する新たなアプローチをご紹介します。

ptk-hero-shot_low

ペニンシュラ・ウェルネスは3つのアプローチで心身のウェルビーイング(快適で満ち足りている状態)をサポートするものです。その3本の柱は「フィジカル」「マインドフルネス」「栄養を考慮した食事」。フィジカルにはスパトリートメントやヨガなどのフィットネス、マインドフルネスにはリラクゼーションやメディテーションが含まれます。

Web

今回とても力を入れている食事に関しては、日本で独自の発展を遂げた「精進料理」に着目して、精進料理・料理人である棚橋俊夫さんをパートナーに迎えました。

そもそも精進料理の定義とは、日本の食文化の特徴である季節に応じた旬の食材を使用し、その土地で採れたものを食すこと。野菜本来の味を引き立たせる味わいを大切にすることなどが挙げられます。それをふまえたうえで、今回の「ナチュラリーペニンシュラ inspired by SHOJIN」では……

1 ナチュラルで植物由来の食材を使用。
2 添加物や着色料、香味料、保存料を使用しない。
3 精製された糖は使用せず、天然糖のみ使用する。
4 ナトリウムを制限し、天然で非合成の塩のみを使用する。
5 揚げ物や炭火グリルなどの焦がし調理法は避ける。

というポリシーで料理が作られています。この5つを守って作られている食事は、自然食を極めたい人はもちろん嬉しいと思いますし、もともと胃腸が弱い人や、ちょっと今は消化器官に負担をかけたくないなと考えている人には最高のものでしょう。また、可能な限り食材をホールで使い、フードロスを極力出さないような調理を心がけている点も流石の気配りです。提供は1Fのザ・ロビーやルームサービスで。

ichijyuissai_re_2_s

【一汁一菜】

シュガートマトの赤出汁、ウスイ豆のご飯に、メインディッシュとしてブルーベリー・ラズベリー・ビーツ・枝豆を木綿豆腐に練り、ごまを加えた白和えを。見た目より断然ボリュームたっぷりで十分食べ応えがあります。

宿泊ゲスト用としてルームサービスにて提供:¥7,084

 

misorisotto2_s

【五穀米 葉隠れ味噌リゾット】

もち麦、赤米、黒米、お米、稗(ひえ)の、五穀米の上に、長野県産の葉隠れ味噌を塗り、軽くあぶって焼きおにぎりのように仕上げられています。トッピングには岩海苔とインゲン、フルーツトマト、低温でじっくり乾燥させた蓮根チップ。

出汁はしいたけ、玉ねぎ、セロリ、ニンジンなどの野菜からとり、金沢名産の加賀棒茶が加えられています。野菜と五穀米を崩して混ぜ、味噌の甘みとトマトの酸味を、加賀棒茶の香ばしい香りとともに味わいながらお茶漬け感覚で食すことができます。

ザ・ロビーにてナチュラリーペニンシュラブレックファスト(朝食セット)のメインディッシュとして提供:¥6,072

 

kalesoup1_s

【ケールスープ】

コクのある濃厚なスープは、リークの出汁に、ケールと火を入れることで甘みが増すメイクイーンを使用。中央には豆腐のペーストを加え、スープに溶かしながら好みの味に調整できます。自家製のほうれん草入りフォッチャが添えられ、穂紫蘇(ほしそ)、紅たで、皮つきのローストアーモンドで飾られています。

ザ・ロビーにてオーダー可能(11:30 − 20:30LO):¥2,200

 

wellnesscurry1_s

【ウェルネスカレー】

玄米をベースとした五穀米に、蕪や空豆など季節の国産野菜を添えて。ルーは八丁味噌や金山寺味噌がベースになっていて、10種類以上のスパイスと、食べ応えを添えるために高野豆腐を使用しています。ビタミンとミネラル豊富なクコの実と、福神漬けがわりとなる追い味噌がついています。日本風のとろみのある柔らかい味のカレーです。今夏より宿泊ゲスト用のルームサービスにてスタート予定。

 

<最新ニュース>
この興味深い精進料理の真髄に触れることができる、棚橋俊夫さんのワークショップの開催が8月に決まったそうですので、この機会にお知らせしたいと思います。

toshio-tanahashi-photo-credit-joakim-blockstrom(C)Joakim Blockstorm

【ナチュラリーペニンシュラ パートナーのスペシャルワークショップ】
棚橋俊夫シェフによる胡麻擦りメディテーションと精進料理

「姿勢を正し、呼吸を整えて、精進料理に欠かせない胡麻を擦る作業は、音や香りもあいまってひとつのメディテーションでもあり、家族との会話や料理を丁寧に手作りするという心を育てるプロセスでもある」というのが、今回のメニュー開発に関わった棚橋さんの考えです。棚橋さんによる直接の精進料理のデモンストレーションと「ナチュラリーペニンシュラ inspired by SHOJIN」ランチは、唯一無二の体験になると思います。

<内容>
ザ・ペニンシュラ東京 宴会場にて 8月21日10:00スタート
当日の客室の休憩利用、プールやジムへのアクセスもついたパッケージで、1人¥39,750
>>問い合わせはTEL:03-6270-2888 またはMail:diningptk@peninsula.com

最後にこのお食事を始め「ペニンシュラ・ウェルネス」の新プログラムをいろいろ体験しながら、ゆっくりホテルライフが楽しめる宿泊プランもご参考までに。

%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab_%e5%a4%96%e8%a6%b3

【ペニンシュラ・ウェルネス宿泊プラン】
2022年12月18日まで(除外日あり)1泊または2泊。

facialtreatment_s

<内容>
◆ナチュラリーペニンシュラ 朝食(1回または2回)
◆ナチュラリーペニンシュラウェルカムアメニティ
◆ナチュラリーペニンシュラディナー(2泊の場合は2回)
◆45分間パーソナルトレーニング(2泊の場合は2回)
◆4種から選べる1時間50分のスパトリートメント(2泊の場合は2回)
◆フィットネスセンターおよびスイミングプールの利用
◆自室でのバスリチュアル セット完備

ritual_revitalizationbathritual1_s

grand-premier-garden-king-room-2

到着日の6時から出発日の22時まで追加料金不要で部屋を利用できるペニンシュラ・タイムが適用され、ゆっくりホテルでのウェルビーイングライフが楽しめるパッケージです。

予約問い合わせはザ・ペニンシュラ東京宿泊予約課へ
TEL:0120-348288/Mail:
reservationptk@peninsula.com

 

ペニンシュラウェルネスについて、宿泊プランの詳細などは公式HPでどうぞ=>https://www.peninsula.com/ja/tokyo/wellness/life-lived-best

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事