Other
2021.1.17

美しさとは何かを教えてくれた画面越しの肌|コスメと私に物語があった。第2話

『美的』編集部に寄せられた、読者のみなさんのコスメにまつわるエピソードをご紹介。うんうん、わかる!と、コスメ愛を胸いっぱいに響かせたら、2021年も笑顔で走り抜けられる気がする!

第2話
美しさとは何かを教えてくれた画面越しの肌(会社受付・31歳)

0024

「もうね、広い肩幅がたまらないのーー♪」

親友に熱くオススメされて観始めたネット配信ドラマ。

価値感の違うふたつの地を舞台に描かれるドラマティックな恋。

さらに生きること、愛することを考えさせられる普遍的な人間模様。

回を重ねるごとに物語に引き込まれて、泣いたり笑ったり、夢中になって一気観した。

0123

0144

でも気づけば目で追ってしまうのは、あの広い肩幅のもち主ではなく、まさかのヒロインだった。

画面越しでも伝わる透明感や繊細な肌のキメが放つ美しさは、同性の目をもくぎづけにする、いや同性だからこそわかる彼女の肌の価値。

ドラマの世界から抜け出し日常に戻っても、彼女の美しい肌の余韻はずっと脳裏に残り、面白い程影響されている私がいた。

おうち時間が増えたことで、うれしいことに肌の調子は上々♪

最近はお気に入りのファンデーションを丁寧に塗って、肌を主役にしたメイクが、私の定番になりつつある。

0158

 

『美的』2021年2月号掲載
撮影/東 京祐 ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/辻村真理 モデル/森 絵梨佳 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事