健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.1.17

ブラは半年に1回買い替えるのがベストってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、「バスト」について。ブラは半年に1回買い替えるのがベストって…ウソ? ホント? ワコール広報の伊藤亜弥さんにお答えいただきます。

Q:ブラは半年に1回買い替えるのがベストってホント?

人によってさまざまなのが、ブラジャーを買い替える頻度。数か月に1度から、数年ごとという強者まで。間をとって、半年に1回がよいという声も聞かれます。さっそく、この疑問を伊藤さんにぶつけてみました! 果たして答えは…?

A:ウソ

「ブラジャーの使用状況と関係するので、この時期と一概には言えません。ブラジャーは洋服や靴と同じで、お気に入りのブラも長く愛用していると、伸びたり形が崩れたりしてきます。まだ大丈夫、使えないわけではないから…と思っても、ブラジャー本来の機能が果たせていないケースもあります。そのため、買い替えのタイミングはブラジャーの状態や、着け心地でチェックすることをおすすめしています」(伊藤さん・以下「」内同)

ブラの寿命はいつ?買い替えの目安は?

「お手持ちのブラに、以下のようなサインが出ていたら…それは、“もう限界!早く買い替えて!”というブラジャーの替え時サインです」

さっそくチェックしてみましょう!

◆見た目がくたびれている

「個人の感覚の差もありますが、ひと目見て“くたびれている”と感じたブラは替え時です。ところが、見た目が多少くたびれていても、何となく着用し続けてしまう人も多いようです。サイズ表記や洗濯絵表示のタグの文字が薄くなったり、読めなくなっていないかもチェックポイントです」

◆カップがシワシワでへこんでいる

「購入時はカップがふんわりしていたのに、ブラのカップ部分にハリがない、しわしわ、凸凹してきてはいませんか?」

◆調整してもストラップがずれる

「ブラの肩ひもをちゃんと調整したのに、時間が経つとブラの肩ひもが落ちてくる。ストラップが伸びて、細くなっている可能性が考えられます」

◆アンダーやサイドのメッシュ、ゴムが伸びたり、薄くなったりしている

「ブラの脇から背中にかけてのメッシュ部分のゴムが伸びてしまったり、生地が薄くなってきてはいませんか? ホールド力が緩いと感じるようになったブラのサイドを見てみると、ゴムが薄くなっているかもしれません」

◆ワイヤーが変形している

「ブラジャーを平らなところに広げて置いてみましょう。新しいブラジャーのワイヤーは左右対称ですが、ワイヤーが変形しているブラジャーは、一部が不自然に浮いていたり、ワイヤーのU字部分の幅が違っているなど、左右対称ではありません。

ブラのワイヤーがゆがむと、肌に当たって痛くなったり、バストをきれいな形に保つことができません。からだを傷つけてしまう恐れがあるため、すぐに使用を中止して」

買い替えのタイミングごとに試着すべき?

「体型は日々変化しています。ご自身のいまのカラダにピッタリなブラのためにも、本来はフィッティングをおすすめします。

ワコール店舗では、1012日よりご希望されるお客様に限り、フッティングルーム内での接客サービスが再開しました。コロナ禍のため、一部店舗では引き続きセルフフッティングのみのご案内となっています。店舗におけるフッティングルーム内での接客サービスについては、弊社公式サイト内に記載させていただいています。

 また、ワコールウェブストア、通販カタログでご購入のブラジャー、靴、スポーツタイツ(CW-X)、マタ二ティ産後ガードル、マタニティ骨盤ベルトのサイズ交換は、送料・手数料無料なので、お家時間にぜひ試してみてくださいね」

ワコール PR

伊藤 亜弥さん

ワコールの広報・宣伝部にて、商品のPR活動、他、体の変化やTPOに合わせた下着選び、
お手入れなど伝える活動を行っている
ワコール「フィッティングルーム内での接客サービス」について 

 

ブラはトイレのたびに正しい位置に直すべきってホント?真相を専門家に直撃!

記事を読む

文/木土さや

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事