大高博幸さんの 肌・心 塾
2015.11.24

大高博幸の美的.com通信(315) MY BALMS ARE YOUR BALMS! バームがあれば真冬も春の柔肌に❤

通信(313)の美容オイルの巻に続いて、今回はバームの巻。バームと言っても、クレンジングバーム、アイバーム、リップバーム、フェーシャルバーム、ボディバームと いろいろですが、それらを一括して、僕のお気に入りばかり 6品 + 特別扱いで¥75,000のバームクリームまでを、愛を込めて御紹介します。

その前に、バームについて おさらいを…。
バームとは、主に美容オイルで構成され、水分を全く(or ほとんど)含まない、オイルが固形化された 軟膏 or バターのような化粧品。肌の保護 & 柔軟に加え、バリア機能を高める効果も発揮します。
常温では固形ですが、皮膚温で瞬時にトロけて、ウルトラソフト & スムースな ツヤやかな肌 & 唇に仕立て直すのが得意ワザ。カサつきやゴワつきはモチロン、アトピー性皮膚炎を寄せつけない肌にもしてくれます。
バームは 通年 必要なアイテムですが、特に乾燥に見舞われる冬季には 絶対 不可欠と言えるでしょう。

 

では、僕の お気に入りバーム、BEST 6!(お気に入りの強さの順です。)

 

re2014_new_balm
ドゥオ ザ クレンジング バーム
re2014_new_balmclear
ドゥオ ザ クレンジング バーム クリア

第1位 ドゥオ ザ クレンジング バーム 90g ¥3,600 (2010年より発売中。通信(258)で紹介済み)
皮膚温で まろやかにトロける、W洗顔不要のクレンジングバーム(日本製)。
特殊構造のバームが 肌にストレスを与えるコトなく、メーク・汚れ・古い角質を しっかり除去すると同時に、31種類の美容成分が 肌にハリと透明感を もたらします。
クレンジングクリームのように 濡れていない肌へ伸ばし、クレンジングマッサージをした後、人肌程度の ぬるま湯で 丁寧に洗い流します。
僕は、この約1年間に 9ヶをリピート済み(ストックを常備し、切らしたコトはありません)。
クレンジングマッサージをしている間に、特に鼻のまわり、こめかみ周辺、頬骨の下~アゴにかけての部分から、古い角質が薄片となって浮き上がってくるのが分かります。
コレは 成分のソフトスクラブ効果(スクラブ粒子のザラザラ感は 全くナシ)によるモノで、後肌は キメが細かく整って、なめらかツルスベ! コレでケアしている限り、体調不良であっても 肌が くすまず、ゆらぎもしません(なので、メークをしていなくても、基本的に毎晩使用)。
姉妹品として、よりサッパリと洗い上がる『ドゥオ ザ クレンジング バーム クリア』(黄色のラインが目印。90g ¥3,600)もあり。僕は夏の間、『クリア』を一日おきに使用していました。来年も また、夏になったらリピートするつもり。
詳しくは、www.duo-cosmetics.com 、または 0120-557-020へ。

reEye-Balm-DE-GB_Press
Dr.ハウシュカ アイバーム

第2位 Dr.ハウシュカ アイバーム 10ml ¥4,800 (発売年月不明)
ドイツの真正オーガニックブランド発のアイバーム。
リッチなコクがあるのに、指先に取ると同時に柔らかくなるテクスチャー。なめらかに伸びて肌と一体化しながら、フレキシブルな薄い被膜を形成。貴重な肌の潤いをキープし、深いシワをも和らげてくれます。
成分は、エモリエントオイル(ヒマシ油、ピーナッツ油、アーモンド & ホホバオイル、カカオバター)と、植物のエキス(ニンジンの根、トウキンセンカの花、オトギリソウの 花・葉・茎からの抽出物)。
朝の洗顔後、化粧水で肌を整えてから、適量を目頭から目尻に向けて、優しく押し込むようになじませます(夜に使用してもOKですが、このブランドでは「夜は肌を解放する」と考えているとのコト)。
このアイバームを常用していると 目元に疲労感が表われにくゝ、ふっくらとした柔らかさとハリ感が 一日中 続きます。さらに シワも たるみも目立たなくなってきたので、コレはリピート必至(僕が取り寄せて使い始めたのは、今年の秋口から)。
詳しくは、www.facebook-com/drhauschka.jphttp://www.dr.hauschka.com/ja_JP/ 、または 03-5833-7022へ。

reビーバーム-138398
ニールズヤード レメディーズ ビーラブリー バーム

第3位 ニールズヤード レメディーズ ビーラブリー バーム 15g ¥1,700 (2013年4月より発売中)
指で撫でると瞬時にトロけて、唇に伸ばすと クチュクチュッとしたタッチでなじみ、唇を ウルトラソフト & スムースに整えてくれる、イギリス製のリップバームです(硬めのワックスとグリース中心に処方されているタイプの製品とは大違い)。
蜂蜜、ミツロウ、ココアバターetcのエモリエント成分に加え、カレンドラのエキスを配合。ガサガサの唇も、 最短で みずみずしさを回復できます。
このリップバーム、僕のモニターさんたちの間では人気No.1。「大手術を受けた後、信じられないほど硬くなっていた主人(夫)の唇が、たゞ塗ってあげただけで みるみるうちに回復して、キスさせてくれました」という感動的な話もあり。
詳しくは、www.nealsyard.co.jp 、または 0120-554-565へ。

reSHEABUTTER
DR.TAFFI(ドクタータッフィ) ジョヴィネッツア プロフォンダ シアバター

第4位 DR.TAFFI(ドクタータッフィ) ジョヴィネッツア プロフォンダ シアバター 30ml ¥2,595 (2014年6月より発売中)
100%ピュアなシアバターで作られた、無香料のフェーシャルバーム(イタリア製)。
テクスチャーは 比較的 硬め(手のひらで温めれば柔らかくトロける)で、後肌はソフトマットなタッチ。シアバター特有のコクを備えながら、肌に伸ばして なじませると、指が程よく止まる感じ(眠る直前に使っても、枕に吸い取られる不安は感じないはず)。
超乾燥肌のプレメークベースとしても理想的で、肌の粉吹きはモチロン、リクイド or クリームファンデーションの溶け崩れをも防いでくれます。特に 化粧水を繰り返し なじませた後に使うと、ふっくら感が倍増。
夜は コレで ゆっくりソフトにマッサージした後、蒸しタオルをのせても◎。血行が促されて、イキイキした肌に…。モチロン、全身・手肌・髪の毛先にも使用可。
姉妹品として香り付きの3品もあり、その中では『バニラ』(50ml ¥3,450)が特にオススメです。
詳しくは、www.drtaffi.jp 、または 03-6419-7392へ。

reWRBB(蓋横)限定パッケージ138610
ニールズヤード レメディーズ ワイルドローズ ビューティバーム

第5位 ニールズヤード レメディーズ ワイルドローズ ビューティバーム 50g オーガニッククロス付き ¥8,500 (10年程前から発売中)
イギリス本国では、発売以来10年以上のベストセラーとなっている万能バームです(画像は 10周年記念の限定パッケージ)。
主成分は ローズヒップオイル。木枯らしや雪山での日焼けで乾燥した肌を癒し、なめらかなツヤ肌に回復させてくれます。
香りは、ローズマリー、パルマローサ、パチュリ、フランキンセンス、ゼラニウムのブレンドで、心を落ち着かせて明るい気分へと導く香調(比較的、微香性)。
プラスαの特別な使用法として、週1~2回、古い角質を除去するディープクレンジングにもオススメ。
① やゝ多めの量を用いてマッサージした後、② 付属のオーガニッククロスを冷水で濡らし、軽く絞って 小さく折りたゝんでから、バームを優しく拭き取ります(粉が吹いているような肌には特に効果的)。
詳しくは、www.nealsyard.co.jp 、または 0120-554-565へ。

reVanilla-Planifolia-Revitalizing-All-Purpose-Butter_150ml
パンピューリ バニラ プラニフォリア RV オールパーパス バター

第6位 パンピューリ バニラ プラニフォリア RV オールパーパス バター 150ml ¥5,600 (12.1 発売予定)
チューブ入りとしては やゝ硬めながら、手のひらで温めると 即 柔らかくなる、万能型のボディバーム(タイ製)。
製品名中の〝RV〟は、リバイタライジングを意味しています。
グレープシード & ココナッツ & アボカドetc 7種類のエモリエントオイルに、ローズヒップ & アロエベラetcのエキスを配合。
エモリエントオイル自体のミルキーな香りに、バニラとガーデニアの甘さ + タンジェリンの清々しさがブレンドされた香調は、なんとなく懐かしい素朴なイメージ(微香性)。
バージンシールが やゝ外れにくゝ、僕は チューブの出口をフォークの先で押し開いて使用(そのくらいは許せる寛容さも大切)。また、チューブを寒い場所に置くか、温かい場所に置くかによって、中身の出かたが変わってくるコトは 当然だと考えて。
詳しくは、panpuri-store.com/ 、または 03-6380-1374へ。

 

さて、お次は 番外(第7位と言う意味ではありません)、バームクリームの大傑作です。
「5万円以上の高級化粧品は、もう買わない」と、何年も前に固く決心した僕ですが、それをモノの見事に覆してくれた逸品。それは…、

reスプレミヤ-バーム画像
シスレー スプレミヤ バーム

シスレー スプレミヤ バーム 50ml ¥75,000(9.1より発売中。『美的』11月号で紹介済み。フランス製)
この夜専用のバームクリームは、「もう 歳も歳だし、こんなモンでしょう」と半分あきらめていた僕の気持ちを、大きく変えてしまいました。なぜって、初めて試用した翌朝の、潤い・なめらかさ・ハリ・弾力・血色・透明感の全てが、明らかにグレードアップされていたから。しかも、その若々しい肌状態が、一日中 続いたからです。
コケおどし的な謳い文句がプレス資料に一切なかったので、そこに好感を抱いて 大真面目に試用したコトも幸いしました。
主成分は〝フィトコンプレックス LC 12〟で、遺伝子に組み込まれた肌細胞の老化を遅らせる、肌細胞の自己回復力を最大限度まで高める等々、相乗的エイジングケア効果を徹底的に追求した シスレーならではの処方が素晴らしい。
テクスチャーは バームとクリームの中間タイプで、少量で よく伸び、一晩中 しっかりと肌をケアしてくれます。
以下は 余談ですが、このバームクリームをなじませた後、美容ローラーを使うのが僕にとってはベストな方法。たるんで下がった頬の肉まで、明らかにリフトアップしてくれるのです! コレも普段から、MY BALMS & OILSで デイリーケアを継続してきたからだと思っています。
詳しくは、シスレー 03-5771-6217へ。

 

では皆さん、厳しい真冬も 春の柔肌で過ごしましょう

 

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
info@biteki.com
(個別回答はできかねますのでご了承ください。)  

ビューティ エキスパート 大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸の美的.com通信 https://www.biteki.com/article_category/ohtaka/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事