お悩み別ケア
2021.8.7

保湿不足の「乾燥赤み肌」タイプは…うるおい重視の丁寧ケアを!|スキンケア賢者・大塚真里が伝授

\"\"

丁寧にケアしているつもりなのに美肌になれないことで悩む読者に、美容愛と深いスキンケア知識をもつ『美的』エディター・大塚真里がぴったりのアイテムとコツをご紹介。実際に1か月お試ししたら…驚きの結果が!

保湿不足の「乾燥赤み肌」|潤い重視の丁寧ケアでしっとり。赤みも引いた!

乾燥と、長年消えない部分的な赤みに悩んでいた美的クラブの内田智子さん。高機能なアイテムを使っているものの、保湿が足りないのかも…と優しさと潤いを重視したお手入れを勧めたところ、肌がふっくらして赤みも軽減!

美的クラブ

内田智子さん (秘書・36歳)

●肌タイプ:
エイジングが気になり始めた乾燥肌

●肌悩み:
肌が薄く、常に乾燥していて部分的に赤みがずっと消えない

●今までのお手入れ:
夜はクレンジングオイル&洗顔。朝はぬるま湯すすぎのみ。化粧水、美容液、乳液、クリーム、アイケアも

●好きなコスメの傾向:
価格やブランドにこだわらず効果重視

●ライフスタイル:
規則正しい生活を心掛けている

使ったのはこの6品!

202108gp103-8

【Step 1】しっかりアイメイクはリムーバーでオフ

「濃いアイメイクもしっかり落ちるのに肌に刺激がなく、目にも染みないのがよかった!」
202108gp103-56
「たっぷり使ってオフしました」

アイメイクも一度に落とせる強いクレンジングオイルをやめた代わりに、ポイントリムーバーを。
クラランス デマキヤン エクスプレス 125ml ¥4,180

 

【Step 2】名品クレンジングミルクで保湿しながらメイクオフ

「最初はメイク落ちが不安でしたが、慣れればちゃんと落ちているとわかり、肌にも優しい」

乾燥肌向け。
同 ベルベット クレンジング ミルク 200ml ¥4,290

 

【Step 3】すっきり落としてカサつかない洗顔フォーム

「泡切れが良くさっぱりするのに、内側しっとり。このダブル洗顔で乾きにくい肌に!」

汚れをしっかり落とし、洗い上がりはしっとり。
同 ジェントル フォーミング クレンザー SP ドライ/ノーマル 125ml ¥4,290

 

【Step 4】水分と鎮静美容成分をたっぷりチャージする化粧水

「シャバっとしていて、たっぷりつけても肌にぐんぐん入っていく実感あり。透明感が出ます!」

202108gp103-55
「2~3回重ねてもぐんぐん入る」

乾燥肌に植物エキスの潤いをチャージ。
同 トーニング ローション SP ドライ/ノーマル 200ml ¥4,290

 

【Step 5】2大美肌成分・ビタミンCとセラミドをチャージ

「途中から量を増やしてたっぷり3プッシュ使いましたが、浸透が良く、肌がもっちりしました」

肌の調子をマルチに整えるビタミンCと、バリア機能を強化するセラミドが2層になった美容液。
ドクターシーラボ VC100ダブルリペアセラム 30ml ¥7,700

 

【Step 6】ライスパワーNo.11配合のクリームで自ら潤う肌に

今まで使っていたクリームよりだいぶ軽め。なのに肌が乾きにくくなり、すべすべなめらかに!

202108gp103-57
「軽いのですみずみまで丁寧に」

肌のセラミドを増やすクリーム。
勇心酒造 ライースリペア インナーモイスチュアクリーム No.11[医薬部外品]40g ¥8,800

1ヶ月後…赤みが引いてふっくら、美人な肌に

『美容』エディター大塚さんとのトーク

内田:普段のスキンケアは、SNSなどでいいと話題のアイテムをピックアップしています。

大塚:コスメ好きなんですね。乾燥と赤みが気になるお肌を見ていると、保湿が足りないのかな? という気がします。

内田:そうなんですね! ベタつく重いクリームとかも頑張って使っているのですが…。

大塚:水分でキメをふっくらさせて、美容液やクリームでバリア機能をサポートするというベーシックな保湿ケアで良くなると思います。後はクレンジングの見直しを。乾燥肌には刺激になりやすいオイルクレンジングをお休みして、マイルドなダブル洗顔に変えてみましょう。

BEFORE
顔全体の突っぱり感と部分的な赤みが気になる
202108gp103-23

AFTER
キメが整ってふっくら。赤みも落ち着いた!
202108gp103-23-after
「クラランスのダブル洗顔は、洗顔後もしっとり! クリームは軽くて不安でしたが、1か月使って、むしろ肌がふっくら潤っているのを感じます」(内田さん)

BEFORE
202108gp103-24

AFTER
202108gp103-24-after
「ガンコだった部分的な赤みが引いてびっくり! 今まで、強いお手入れとこすりすぎで肌を傷めていたよう」(内田さん)

BEFORE
202108gp103-25

AFTER
202108gp103-25-after
「以前は顔全体がうっすら赤みを帯びていたのが、比較するとわかります。気になる毛穴も目立たなく!」(内田さん)

 

エディター

大塚真里

美容の取材を続けて25年。多様な知識の蓄積と、美容本の編集などで一般女性へのスキンケアアドバイスを重ねてきた経験から、本企画を担当することに。

 

『美的』8月号掲載
撮影/長谷川 梓(人物)、吉田健一(静物) ヘア&メイク/永田紫織 構成/大塚真里

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事