お悩み別ケア
2018.9.2

[それってウソ?ホント?]“白玉点滴って本当に美白できるの?“を皮膚科医に直撃!

\"\"

日常に潜む美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“白玉点滴”について。劇的な効果があると話題ですが……ウソ? ホント? 美容皮膚科タカミクリニックの美容皮膚科医・山屋雅美先生にお答えいただきます。

Q:いま話題の“白玉点滴”って本当に効果があるの?

芸能人や海外セレブをきっかけに、話題の美容法として評判の“白玉点滴”。美白点滴ともいわれている、美肌、美白のための美容点滴です。
白玉点滴というネーミングを初めて聞く、という人も多いかもしれませんが、美的クラブで行った“美容に関する疑問”アンケートでは「点滴で美白になれるの?」、「本当のところ効果はいかほど……?」など、問い合わせの声が続出しました。
早速、この疑問を山屋先生にぶつけてみました! 先生の答えは……?

A:それは本当です

「とはいえ、白玉点滴をやったからといって、すぐに白くなるわけではありません。続けていくことで徐々に効果が出てきます」(山屋先生・以下「」内同)

白玉点滴で、なぜ“美白”効果が得られるの?

「そもそも、白玉点滴とは、強力な抗酸化作用やメラニン生成抑制作用のあるグルタチオンが主成分の点滴です。点滴することによって血管を通して体全体に行き渡り、シミの元となるメラニンの生成を抑制し、非常に高い抗酸化作用で活性酸素を除去してくれます。その結果、シミやくすみの予防、改善に繋がります」

少しでも白くなりたい場合、他にどのような方法があるの?

「美白ケアの基本は、“とにかくシミをつくらない”という予防が大切! 日ごろから日焼け止めなどUV対策をしっかりし、毎日のスキンケアに美白化粧品を取り入れてみて。

タカミクリニックでは、1回でレモン500回分に相当する10,000mgもの高濃度ビタミンCを摂取できる“スーパービタミンC点滴”や、エレクトロポレーションやイオン導入による真皮への有効成分の導入をおすすめしていますよ。

また、バカンスやレジャー等の日焼け直後の回復ケアとして、受けてしまった紫外線ダメージを緊急リセットさせる“美白合宿 日焼け回復コース”も……! 医師に相談してみてくださいね」

 

白く輝く肌を手にいれるためには、白玉点滴だけでなく、毎日のお手入れが必要不可欠なのですね。それにプラスして、美容点滴といった、内側からのケアも取り入れるなどして、夏の紫外線に負けないお肌を手に入れましょう。

profile
美容皮膚科医
山屋 雅美先生
埼玉医科大学卒業後、東邦大学医療センター大橋病院にて従事。三井記念病院、都内美容皮膚科を経て、2011年美容皮膚科タカミクリニックに勤務開始。シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療のほか、ニキビや肌荒れなどの皮膚疾患にも精通し、肌質改善治療まで一貫して行っている。
美容皮膚科タカミクリニック 

文/木土さや

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事