お悩み別ケア
2018.8.3

美容の常識[それってウソ?ホント?]“毛穴パックで毛穴が大きく…”の真相を皮膚科医に直撃!

\"\"

日ごろから湧いてくる美容に関する「ウソ?ホント?」の疑問に、専門家が答えてくれるこのコーナー。今回は、毛穴パックに関する疑問を、美容皮膚科タカミクリニックの美容皮膚科医・山屋雅美先生にぶつけてみました!

Q:毛穴パックをし過ぎると毛穴が大きくなるってホント?

鏡を見れば、つい気になってしまうのが“黒ずんだイチゴ鼻”。拡大鏡を覗いた日には、思わず目をそむけてしまった……なんて経験もあるかもしれません。頑固な毛穴と戦うべく、定期的に毛穴パックや使用されている方も多いのでは?

ところが、この毛穴パックについて囁かれるのが「毛穴が大きくなってしまう……」という世にも恐ろしいウワサ。

そこで早速、この疑問を山屋先生にぶつけてみました! 先生の答えは……?

A:それはホントです

「確かに毛穴パックをすると汚れが取れることは取れますが、その分刺激も強いのです。毛穴パックを剥がす際に表面の角質も一緒に剥がれてしまったり、ポッコリと穴が開いてしまうことも!

週に2~3回と頻繁に使用することで、肌に負担がかかってキメが乱れ、毛穴が広がってしまうこともあります」(山屋先生・以下「」内同)

毛穴パック後は、“引き締め化粧水”や“アイスパック”!

「毛穴パックを使用したあとは、必ず引き締め効果のある化粧水で保湿をするようにしましょう。アイスパックで冷やすのも良いです」

一方で、スキンケアを見直すことで改善できる毛穴の開きもあるそう!

「意外にも多いのが、乾燥や擦り過ぎが原因でキメが乱れ、頬の毛穴が目立ってしまうケースです。クレンジングオイルで肌を擦っていたり、洗顔後は化粧水しかつけない、夏でも日焼け止めは塗らないというのは要注意……!

きちんとスキンケアを取り入れることで、お肌はキレイになっていきます」

残念ながら、毛穴自体を全くなくすというのは難しいとのこと。レーザーで毛穴を引き締めていく治療法はあるそうなので、気になる方は医師に相談してみてくださいね。

profile
美容皮膚科医
山屋 雅美先生
埼玉医科大学卒業後、東邦大学医療センター大橋病院にて従事。三井記念病院、都内美容皮膚科を経て、2011年美容皮膚科タカミクリニックに勤務開始。シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療のほか、ニキビや肌荒れなどの皮膚疾患にも精通し、肌質改善治療まで一貫して行っている。
■美容皮膚科タカミクリニック http://takamiclinic.com/

文/木土さや

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事