スキンケアニュース
2019.4.22

スケート高橋大輔選手|戦う肌と体の秘密は「美容液のたっぷり重ね塗り」と「牛肉」!?  

20187月に4年ぶりの現役復帰で話題となった、高橋大輔選手。同年8月より、「ハトムギ化粧水」や「ハトムギ保湿ジェル」が人気のスキンケアブランド「ナチュリエ」とスポンサー契約を結んでいます。昨日には「ナチュリエ 高橋大輔選手 スペシャルトークショー」に出演。現役復帰して意識の高まった、体や肌のケアについて。さらには’18年シーズンの競技大会出場を振り返り、’19年シーズンに向けた活動について語りました。

image1-1

 現役復帰は本人も周りもファンも衝撃!’18年シーズンを振り返って

’18年の7月1日に現役復帰を発表した高橋選手。当時の気持ちを振り返ると、「最初にトレーナーとマネージャーに復帰の意思を伝えたときは、とてもびっくりされて言葉にならない感じの反応。でも、ファンのみなさんが喜んでくれているのは届いていました。大々的に発表するのが恥ずかしい気持ちもありましたね」と言います。その後、10月に近畿大会、11月に西日本選手権を経て、12月の全日本選手権へと進みます。

緊張しすぎて周りが見れなかった「近畿大会」、圧巻のすべりで優勝した「西日本選手権」

近畿大会は久しぶりの競技会。「ブロック大会自体が久しぶりすぎて、受付の仕方とか忘れていました(笑)。緊張しすぎて、会場やジャッジを見る余裕も勇気もなかったくらい。フリーが終わったあたりで、やっと会場を見渡せて、ファンのみなさんが振ってくれているバナーが見れましたね」。西日本選手権では、「フリーがよくできたし、全体的にうまくはまった。優勝して、表彰台の真ん中に立てることを純粋に嬉しく感じました」。

 「全日本選手権」直前に、4回転トウループ成功!

準優勝という結果に、世間が驚き称賛した全日本選手権。

「公式練習から好調で、4回転トウループが飛べたんです。今回の現役復帰では、ジャンプの飛び方を以前とは変えていて、どうやったら省エネで飛べるかを練習しています。以前はパワージャンプ系だったのですが、それは一旦忘れて。今の自分の体に合っている方法をイチから模索していますね」と、32歳(当時)の現役スケーターならでは、の考え方にシフトしたとか。ショートプログラムの直前には、エッジのバランスを変えるという決断も。

「以前の自分だったら怖くて、そんなことはできないです。でも、今回は気持ちにも余裕があった。結果的に功を奏して、ショートでは圧巻のすべりに。その分、フリーは欲が出てしまい、失敗したところも多々ありますね(笑)」。

ただひとりの昭和生まれが奮起…結果、準優勝へ!

表彰台に乗れるかも…という欲が出た自分さえも、「4年前の現役時代の気持ちに似てるな、緊張してピリピリしているな、これでやっと現役っぽいな…などと、緊張しながらも思っていました」と、客観的にみることができたのも経験豊富な高橋選手ならではの視点。

「全日本選手権で、平成生まれに囲まれる中ひとりだけ昭和生まれだったけれど。絶対、平成生まれに負けねーぞ!(笑)という気持ちで、頑張りました」

image2-1

 「生涯現役」の決意――’19年シーズン、そして未来の高橋選手は?

「気持ちは生涯現役です。滑れなくなるまで、自分のベストを尽くすつもりです」と、今後を語る高橋選手。’19年シーズンも国内試合を中心に出場したいとのことです。

「海外の試合に関しては、わからない、というのが正直なところ」。演技で新たにチャレンジしたいことは「技術面では、4回転サルコウを練習したい。フリーに2種類の4回転を入れられるかは、わからないけれど…できたら入れたいですね。スピンも強化したいです」と、まだまだ進化するべく練習をつむ決意が。

「昔の演技に比べて、キレが足りないなとも感じたので、今シーズンはアップテンポのプログラムに挑戦して、キレを取り戻したいですね」とも語ります。

筋力強化とストレスのない食事管理で、長く滑れる体に

体作りの面では、「体力が落ちているので、復帰後は筋力強化に取り組んでいます。食事面は、自分で料理をして管理するように。ストイックにやりすぎると長続きしないので、ストレスにならない程度に。牛肉は意識的に食べるようにしていますよ。真央ちゃん(浅田真央さん)、昌磨(宇野昌磨選手)など強い選手が牛肉好きなんですよね!」とのこと。

選手以外の活動の展望は?コーチとしての未来も?

競技以外の活動としては、726日から28日に開催する『氷艶hyoen2019―月光かりの如くー』の公演の準備もはじまるとか。こちらも「挑戦できることは、なんでもやっていきたい。歌…は無理ですが、セリフとか。演出の宮本亜門さんがOKしてくれればですけど(笑)」。

これだけ、表現者として評価されている高橋選手。振付師としての期待も高まるところですが…「一度、自分のプログラムを振り付けしたことがあるのですが、つくづく向いてないなと実感したので、振付師にはならないですね。オファーもありますが断っています。それより、コーチの方が楽しくできるかな、という気がしていますね」と未来を語ります。

 32歳の現役復帰。自分の気持ちに素直に生きることを選んだ、高橋選手。「これからも、自分に素直に楽しく。スケートを軸に人生を歩んでいけたらいいな、と思っています。できるだけ長く、滑っていくつもりです」。これからの活動に注目しながら、応援していきましょう!

 高橋大輔選手も愛用中! 「ナチュリエ」のスキンケアとは

イミュが展開するスキンケアブランド「ナチュリエ」。天然植物由来の保湿成分ハトムギエキス配合により、水分を蓄えやすい肌状態へ導く。みずみずしさを実感できる保湿感と心地よい使用感が人気の理由。高橋選手は「ハトムギ保湿ジェル」を愛用していて、この冬は10個以上使ったほど。「さっぱりするのにしっとり感がありますよね。ベタベタしないところが好きです。お値段も高くないから、たっぷり使える点もいいですね。僕は、朝晩たっぷり重ねづけして乾燥対策しています」と語ります。「魅せる競技なので、肌の調子の良し悪しも演技に影響するため気を使っている」そう。スケートや仕事以外のプライベート時間も充実して楽しく過ごしている、という高橋選手。肌ツヤの美しさの秘密がここにもありそうですね!%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%82%a8-%e3%83%8f%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ae%e4%bf%9d%e6%b9%bf%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab-%e3%83%95%e3%82%bf%e9%96%8b%e3%81%8dナチュリエ ハトムギ保湿ジェル 180g ¥900(税抜)

 高橋大輔選手 プロフィール

1986年岡山県倉敷市生まれ。8歳からフィギュアスケートをはじめる。2007年世界選手権・銀メダル、2010年バンクーバー五輪・銅メダル、2010年世界選手権・金メダル、2012GPファイナル・金メダル、という成績を残す。高い技術と表現力は、スポーツと芸術の融合というフィギュアスケートの魅力を体現。日本男子フィギュアスケートの人気を牽引する存在に。201410月に競技を引退。その後は、数々のアイスショーやフロアダンス公演などで活躍。20187月に競技への復帰を発表し、同年12月の全日本フィギュアスケート選手権大会へ出場。準優勝を飾る。

 *正式な表記は“はしごだか”になります。

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事