ネイルHOW TO
2016.2.18

渋色ネイルを長持ちさせるセルフテクニック〝ミルフィーユ塗り”をマスター!

単色塗りが映える“渋色ネイル”は、丁寧に仕上げないと野暮ったく見えてしまうもの。薄く何度も塗り重ねる「ミルフィーユ塗り」でスタイリッシュな手もとに仕上げて。

 

教えてくれたのは…
_SA16182
兵藤 愛さん
Garlandネイリスト。トレンドのカラーやデザインの提案で、美容関係者からの支持も厚い。

 

渋色ネイルを楽しむセルフテクニック

\テクニック3/
〜渋色をキレイに仕上げるには薄く重ね塗りするミルフィーユ塗りで〜

1 爪の先端に塗る
_SA16249

ブラシを2度程しごいた量を、爪の先端をなぞるように塗ります。先端の剥げや浮きを防止します。

 

2 中央から順に薄く塗る
_SA16252

今度はブラシを1度しごいた量を、爪にオン。根元から先端に向かって、中央、左、右と薄く塗って。

 

3 同じように2 度塗り
_SA16266

2が乾いてから、同様に2度目も塗り重ねて。同じ塗り方でトップコートを重ねるともちがアップ。

 

 

渋色ネイルのピンチを救うセルフテクニック

\テクニック4/
〜はみだしたりくずれたりしたら除光液を賢く使ってリカバー!〜

はみだしたら…
綿棒でチョンチョン直し
_SA16257
除光液を染み込ませた綿棒ではみでた所をチョンチョンとたたきながら拭いて直します。

 

ぐちゃぐちゃになったら…
指でトントン直し
_SA16260
指の腹に薄く除光液をつけ、ぐちゃっとしてしまった部分の表面をトントンとならしていきます。

 

 

2016年1月号掲載

撮影/岩谷優一(vale./人物)、今野圭介(静物)、片岡祥(取材) ヘア&メーク/川㟢瞳(PEACE MONKEY) スタイリスト/河野素子 モデル/三枝こころ 撮影協力/UTUWA デザイン/高安晶子 構成/山梨智子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事