シーン別メイク
2016.8.17

今や美容業界の常識!クボメイクをマスターして今どき顔へ大変身♪伝説のコスメ編part1

 

【RMK】
160512美的180
リップジェリーグロス 03 ¥2,200

久保さん解説
一目ぼれした、シロップみたいなブルーグロス
最初見たとき「何、この青い色!?」と一目ぼれ。感触もとろりとしてかわいかった。手もちのリップにオンするとたちまち色っぽい唇になる、今やクボメイクに欠かせないグロスです。

PR担当から
店頭に〝インスタを見た〟という女性が急増しました。ブルーグロスを取り入れやすくするメークを発信してくださり、感謝しています(PR 大山幸恵さん)

 

【THREE】
160512美的189
チーキーシーク ブラッシュ05・07各¥3,000

久保さん解説
一見、とっつきにくそうながら、使いやすい上品色
微細パウダーで、肌にふわっと優しく発色。手前の05は、渋めのローズレッドですが使いやすく、上品な肌にしたいときに。奥の07のコーラルベージュは目元にも愛用しています。
PR担当から
ご紹介いただいて以来、問い合わせが多く、一時売り切れになる店舗もありました。〝クボメイクの…〟と言われる方が非常に多いです(PR 齋藤未奈さん)

 

【キャンメイク】
160512美的183
リップティントシロップ01・02・03・04各¥650(㉄井田ラボラトリーズ)

久保さん解説
安い! 発色がいい!ビジュアルもいい! ! グロス
ベトっとするグロスが多い中で、ダントツの軽さが魅力。名前どおり、本当にシロップみたい。僕は上唇に01(左から2番目)を、下唇に02(左)をのせて〝ちゅリップ〟を提案しています。

PR担当から
発売日にインスタに掲載してくださり、その日からお問い合わせが殺到! このグロスのいい所を生かしてくださり感動です!(PR 高井かおりさん)

 

 

 

撮影/横山翔平(t.cube/人物)、John Chan(静物)デザイン/GRACE.inc構成/小内衣子(PRIMADONNA)

1 2

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事