メイクHOW TO
2021.11.12

【ホリデーメイク】ピンクベージュを使いこなす! 野暮ったく見えないロマンティックなメイク方法は?

\"\"

ホリデーコスメのキラキラや非日常感を楽しむ時期になりましたね。「自分らしく、自分が変わる、自分が上がる」フェミニンドラマティックなメイクを今注目のヘア&メイクアップアーティストNAYAさんに教えてもらいました。

ベージュピンクのワントーンなのにぼやけない、甘すぎない。秘密はツヤ×マットのコンビネーション

202112gp65-10
一歩間違えると野暮ったい…でもやっぱり大好きなピンクベージュ!潔いワントーンメイクで思いきりロマンティックに仕上げてくれたNAYAさんのこだわりは?

「マット、パール、ツヤと、パーツごとに質感を変えたこと。メリハリ&華やかさが底上げされ、ドラマティックなシーンでも埋もれない、凝った印象に」

 

使用アイテム

202112gp65-43
A.微細なラメが控えめに輝くピーチカラー。
トムフォード サンリット ローズ リップ バーム ¥6,820(限定品)

B.パール入りブラッシュ・ハイライト・コントゥアの1品3役。
RMK プリズマティックラスター フェイスパレット 02 ¥6,050(限定品)

プリズマティックラスター フェイスパレットの詳細・購入はこちら

C.ウォーミーなピンクやコーラルなど、好感度高めなマット&メタリックカラーが集結。内蔵された鏡は取り外し可能。
ボビイ ブラウン コブルストーン レーン アイシャドウ パレット ¥7,150(限定品)

コブルストーン レーン アイシャドウ パレットの詳細・購入はこちら

 

メイク方法

202112gp65-11
二重幅と下まぶた全体に、C-aを入れ、それをぼかすようにC-bをアイホールになじませる。チークBは左のカラーを使用。高めの位置に横長に入れて甘い雰囲気に。リップAはじかにオン。唇の丸いフォルムを強調するようにたっぷり塗って。

 

ヘア&メイクアップアーティスト

NAYAさん


 

『美的』2021年12月号掲載
撮影/嶌原佑也 ヘア&メイク/NAYA スタイリスト/柾木愛乃 モデル/椎名美月 構成/北川真澄、野澤早織、高木美伽

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事