メイクHOW TO
2020.11.16

ボビイ ブラウンのネイビーシャドウを段階的に取り入れて知的な印象へ♪

アイシャドウの“使い慣れない色”を楽しみながら攻略するコツは、段階的にトライすること!今季使ってみたいネイビーカラーを段階的に試してみて♪

今季チャレンジしたいカラー【ネイビーアイシャドウ】

美的クラブVOICE
「顔色が悪く見えそうでトライできずにいます」(会社員・29歳)
「オフィスでもできる取り入れ方と、アフターファイブでの切り替え方が知りたい」(会社員・31歳)
「こなれて見える使い方は?」(貿易事務・30歳)

 

\このアイシャドウを使い回し!/
img_0049
ポイントカラーのネイビーに調和する計算し尽くされた配色で、初心者でも安心して使いこなせる。
ボビイ ブラウン エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレット 01 ¥5,800(限定品)

エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレットの詳細・購入はこちら

 

【ホップ】締め色を、いつものブラウン→ネイビーで知的に昇華

20

メイク方法
深みのあるネイビーは、アイライナーとして活用するも良し。左下のブラウンをアイホールに入れたら、右下のネイビーをキワに細く引いてシックな印象に。正統派な雰囲気を醸しつつ、さりげない差し色でこなれ感を。

 

【ステップ】影が落ちる部分に取り入れれば顔色に影響なし

2

メイク方法
王道からもう一歩先へ進みたい人は、ネイビーを目尻下側のタレ目ゾーンに。元々影が落ちやすい部分だからこそ、悪目立ちせず適度な気分転換に。上まぶたには左下のブラウンを、目頭側くの字には右上のパールをのせて抜け感を。

 

【ジャンプ】下まぶた使いは、あえての余白残しがこなれて見える!

1

メイク方法
ちょっぴり攻めの姿勢で挑むなら、ネイビーがもつクールな空気感を生かしたメイクを。アイホールに左下のブラウン、目尻側に右上のパールを重ねて軽さを出したら、下まぶた目頭側のキワにネイビーをさっとひと筋。

 

『美的』2020年12月号掲載
撮影/塩谷哲平(t.cube)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) スタイリスト/西野メンコ 構成/野澤早織

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事