メイクHOW TO
2020.2.3

エクセルのコンシーラーで肌悩みをカバー!美肌に導く使い方を伝授

エクセルの優秀コンシーラー、2タイプをご紹介!ハイライト&コントロール効果で透明美肌に導くペンシルタイプとビタッと密着する3色パレットのタイプを。シミ・ニキビ跡をカバーするメイク法、ファンデなしで作るベースメイク法も必見です!

【目次】
1本でハイライト&カラーコントロールが叶うペンシルタイプ
長時間ヨレないでぴったりフィッットのパレットタイプ
多色コンシーラーでシミ・ニキビ跡をカバーする方法
下地&コンシーラー&パウダーだけで作るベースメイクテク!

1本でハイライト&カラーコントロールが叶うペンシルタイプ

サイレントグロウコンシーラー

「サイレントグロウコンシーラー」

【このアイテムのおすすめポイント】
・サッとひと塗りで肌悩みをカモフラージュ。
「ハイライト効果とカラーコントロール効果のWアプローチで、肌悩みをカバー。各色異なるペン先にもこだわりました!」(常盤薬品工業 エクセルPR 相木暢子さんもイチオシ)
全3色 右から、SG02・SG03・SG01 各¥1,500

プチプラの「エクセル」2018春新色|PR直伝“ななめ10°カット”リップって何?

長時間ヨレないでぴったりフィッットのパレットタイプ

サイレントカバーコンシーラー

「サイレントカバーコンシーラー」

【このアイテムのおすすめポイント】
・クマや赤みをカバー。
¥1,600

突然の予定でも大丈夫! パーフェクトメイク直しアイテム4選【美的クラブ|ポーチの中身】

多色コンシーラーでシミ・ニキビ跡をカバーする方法

悩みに応じてカバー色をカスタマイズ

教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん

悩みに応じてカバー色をカスタマイズ

【ポイント】
シミ・ニキビ跡など複数お悩みがある人は、1色ではなく、複数色をミックスできるコンシーラーがおすすめ。オレンジ系の色が、血色感があり自然にカバーできる。

【How to】

悩みに応じてカバー色をカスタマイズ

(1)ニキビ跡には、まずオレンジ色をオン。血色感が出て、自然にカバーできる。お悩み部分にフィットするように。

悩みに応じてカバー色をカスタマイズ

(2)ファンデーションと、コンシーラーパレットの濃い肌色、1でのせたオレンジのコンシーラーを手の甲でミックスさせる。

悩みに応じてカバー色をカスタマイズ

(3)(2)でミックスしたコンシーラーを、(1)でのせたオレンジ色の上にのせる。これで、肌色から浮くことなくなじむ。

イプサ、MiMC、ローラ メルシエ…多色コンシーラーでシミ・ニキビ跡をカバー!

下地&コンシーラー&パウダーだけで作るベースメイクテク!

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 秋鹿裕子さん

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」独自のセンスあふれる繊細なメイクで、モード誌やファッション誌を中心に活躍中。W所属。

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

【How to】

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

(1)色つき下地を直径1cm程度手にとり、両頬、額、鼻の頭・あごの5点におく。指の腹で顔全体に薄くムラなくのばし、首との境目をぼかす。

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

(2)指に少量の下地を足し、頬の高い部分に重ねる。頬がしっかりめにカバーされることで、つるんとなめらかな面のツヤが生まれる。

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

(3)コンシーラーを先端の筆に含ませ、くまの下側、目尻、小鼻の赤み、口角に塗る。この4か所をカバーすると美肌な印象に。

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

(4)手もちのファンデーションスポンジを使い、コンシーラーを塗った部分を軽く押さえてぼかす。強くこすると取れてしまうので注意。

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

(5)濃くて気になるシミがある場合はその部分にコンシーラーを塗り、指で軽くたたくようにしてなじませる。

あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」

(6)手もちのチークブラシにフェースパウダーをとる。内側までしっかり含ませたら、手の甲でなじませて量を調節する。

(7)小鼻の周りや眉間、こめかみなど、皮脂や汗でくずれやすい部分にブラシを転がして、フェースパウダーを薄くなじませる。

完成!

人気H&M直伝! 夏の美肌の作り方|あえてのファンデレスで「素肌ツヤ」を♪

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事