メイクHOW TO
2019.7.4

オペラ、リンメル…美容家・立花ゆうりさん愛用のプチプラコスメを大公開!

プチプラ愛が止まらない♪プチプラ大好きな賢者たちが断言します!今や手放せないとっておきの3品をそれぞれ発表します。

生粋のコスメラバー、美容家の立花ゆうりさん愛用

tatibanayuurihito
tatibanayuuri

a.アイプチ フィットカーラー

「一重・奥二重用ですが、二重の人にも◎。カーブがまぶたにフィットして、理想の扇形まつげに」
山形の先端部がまぶたをもち上げ、隠れたまつげの生え際からカール。
¥1,500(問イミュ)

「むくんだまぶたでも、まつげを根元から上げてぱっちり目に」

b.オペラ リップティント N 06

「ピンクにもレッドにも見える、魅惑的な色はどんなメイクとも相性抜群。鏡を見なくてもキレイに塗れる!」
オイルをブレンドし、鮮やか発色なのにシアーな質感。
¥1,500(問イミュ)

「言うことなしの別格リップ。ポーチのスタメンです」

c.リンメル ショコラスウィート アイズ 018

「微細なパウダー、まぶたへの密着感、見たままの発色…見事です。上品な赤みのあるブラウンで、シーン問わず大活躍」
“メロウフィットオイル”配合で、まぶたへピタリとオン。
¥1,600(編集部調べ)

「デパコス級の粉質の細やかさ!深みのある目元が完成」

あか抜け顔作りの名人、ヘア&メイクアップアーティスト甲斐美穂さん愛用

kaimihohito

kaimiho

a.ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 040

「ため息が出るほどキレイなゴールドパールがたまらない。目を開けたときにラメが見えるくらい大胆につけて、きらめきを楽しんでいます」
色ぐすみと無縁。
¥800(編集部調べ)(問コーセー)

「まさに運命の出合い!つけた瞬間、ビビッと衝撃を受けるきらめき」

b.セザンヌ ラスティングリップカラー N 407

「唇の中央に塗った後、手もちのピンクベージュのリップカラーを外側にオン。全体をなじませればリップ上級者見え必至」
保湿成分が唇のカサつきを防ぐ。
¥480(問セザンヌ化粧品)

「程よいマット感と色で、ぽってりとした色っぽい唇を演出」

c.キャンメイク クイックラッシュカーラー 透明

「絶対カールをキープしたい日の必須アイテム。これを仕込むか仕込まないかでカールの“もち”が全然違います。雨の日も安心」
水より軽い油性基剤を使用。
¥680(問井田ラボラトリーズ)

「形状記憶力がすごい! 夜のメイクオフまで、朝のカールが持続」

アイメイクにこだわりあり、美容家の濱田文恵さん愛用

hamadahumiehito

hamadahumie

a.NARS クライマックス マスカラ ミニ 7010

「まつげにコシと長さをプラスしてくれます。ポーチの中でもかさばらないサイズで、外出時のメイク直しにも最適」
何度塗ってもダマにならず、羽根のような軽やかまつげに。
¥1,700

「夕方に使うと、生き返ったように目力がアップ!」

b.エレガンス クルーズ アイカラー プレイフル GR03

「透明感が欲しいときに、黒目の上に指でポンポンと。手もちのアイシャドウにこれをプラスすると瞬時に夏らしく」
均一にのびて、涼しげなブルーの発色が持続。
¥1,800

「アイシーな繊細ラメでピュアな目元に」

c.ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 037

「アイライナーの代わりに、このマットなインディゴブルーを二重のラインまで少し太めに入れると主役級のドラマティックな目元に!」
グラデーションも簡単。
¥800(編集部調べ)(問コーセー)

「深みや抜け感が自在だから、マンネリメイクのスパイスに」

“映えメイク”はお任せ、モデルの柳橋唯さん愛用

yanagibasiyuihito

yanagibasi

a.ファシオ パワフルカールマスカラ (ボリューム) BK001

「使わない日はない程お気に入り。ひと塗りで印象の強いまつげに」
“ウルトラボリュームアップ成分”がまつげをコートし、際立たせる。
¥1,200(編集部調べ)(問コーセーコスメニエンス)

「これなしでは1日が始まらない!カール力とボリューム力が秀逸」

b.レブロン カラーステイ エンドレス グロウ リキッドハイライター 004

「Cゾーン、Tゾーン、上まぶたの真ん中など光を集めたい箇所に薄く塗るだけで、顔にメリハリ感が出ます」
ほんのりピンクの微細パールで、内側からにじむようなツヤ肌に。
¥1,500

「派手すぎず、地味すぎず。絶妙なパール感が顔だちを華やかに」

c.キャンメイク ラスティング マルチアイベース WP 01

「メイク崩れ防止効果もあるので、裏技的に小鼻の横に薄く塗って、キレイな肌をキープ!」
アイメイクの前に仕込むと、アイシャドウの発色が格段とアップ。
¥500(問井田ラボラトリーズ)

「どんなアイカラーもまぶたに密着。粉とびやラメ落ち防止にも!」

 

『美的』8月号掲載
撮影/横山翔平(人物/t.cube)、出牛久美子(静物) スタイリスト/山本瑶奈(静物) 構成/飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事