メイクHOW TO
2019.6.9

田中みな実さんの夏のベースメイク|メイクがくずれやすい夏はミニマムな肌作りで対応!

普段から最小限のファンデーションしか使わないというフリーアナウンサーの田中みな実さんに、夏でもくずれないベースメイクの極意を伺いました。

気になる色ムラを隠すだけ。ミニマムな肌作りが夏映えのコツ

p74-1
「肌を完璧に作りすぎると、夏の明るい日差しの下ではメイクが濃く見えがち。素肌がキレイで生かせる部分には手をつけないほうが、くずれても気づかれにくいし、自然体の美しさが引き立つと思いますよ」(田中みな実さん)

普段からファンデーションは最小限で、気になる色ムラは適材適所にコンシーラーを使い分けてカバー。ツヤ感があり、くずれたときにこそなじんで悪目立ちしないアイテム選びも重要だそう。

田中さんの極意!

(1)部分的に光をのせくずれてもバレない立体ツヤ肌に演出

p74-2
クリームハイライトを指にとり、手の甲にたたき込んで余分な量をオフ。頬骨の高い所や唇の山の上など、高く見せたいTゾーン以外の場所へトントンとつける。

p74-6
「肌になじむとサラサラになり、強い光が当たってもギラギラせず上品な所が好きです」
コスメデコルテ ディップイングロウ ¥3,500

 

(2)広範囲の赤みやシミはなじみのいいコンシーラーで応戦

p74-3
色も質感も肌なじみが良く、密着感が高くてくずれても浮きにくいコンシーラーをセレクト。色ムラよりもひと回り広く指でのせ、たたき込んでなじませる。

p74-5
「色ムラカバーには中央の色を使います。ファンデーションを使った肌にも溶け込む逸品」
セルヴォーク リレイトスキン コンシーラー 02 ¥4,000

 

(3)小鼻の赤みとくまはみずみずしいコンシーラーで対応

p74-4
動きが多くてよれやすい部分の色ムラには、テクスチャーが軟らかい筆ペンタイプのコンシーラーを使用。
直接のせ、指で小刻みにたたき込んでフィットさせる。

p74-7
「隠すというよりツヤのヴェールで覆う感覚。くずれが気になりません」
アンプリチュード リキッドコンシーラー 01 ¥5,500

 

お話を伺ったのは…
p74-1
フリーアナウンサー 田中みな実さん
たなかみなみ/数々の人気番組の司会進行を務める傍ら、美しい肌やボディでも注目を集め、多くの女性誌から出演オファーが殺到!

 

『美的』7月号掲載
撮影/熊木 優(io・人物)、岡本 俊(まきうらオフィス・人物)、藤原 宏(Pygmy Company)、河野 望(静物) ヘア&メイク/吉崎沙世子(io)、山下智、MAKI(LINX) スタイリスト/小川未久(人物)、筒井葉子(PEACE MONKEY・人物)、楠 玲子(人物)、大島有華(静物) 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事