メイクHOW TO
2018.3.18

NARS、RMK、アディクション…美人度際立つオレンジチークの正しい入れ方は?

華やかなのに赤より派手にならず、でも程よく主張して女らしさを高めてくれるのがオレンジ。ややヘルシー肌さんが使いこなすならどんな色選び、どんな入れ方が正解? ぴったりのオレンジチークとメイクのポイントをお教えします。

オレンジブラウンチークをキリッと入れて洗練された雰囲気に

661
肌トーンに自然と溶け込むチークが好相性! 程よくシックでかすかに女らしさも漂うオレンジブラウンなら、一目置かれる美人オーラが漂います。カラー同様、入れ方も甘さは排除して。

使用アイテム

665
A.深みのあるレンガカラー。スティックでのばし、手でたたき込めばOK。
アディクション チーク スティック Forbidden City ¥2,800(限定品)

B.植物オイルを配合し、おどろく程軽いのびで重ねづけも自在。不器用さんでもムラづきとは無縁。【モデル使用色】
NARS リキッドブラッシュ 5159 ¥3,400(限定品)

C.とろけるようになじむスライド式クリームチーク。
RMK マルチペイントカラーズ 05 ¥3,000

メイク方法

662
頬骨に沿って、外側→内側にややシャープにのせて。クリームチークを使うとより骨格に溶け込んで影となり、引き締まった顔だちに。

その他の使用アイテム

664
つけ心地しっとり。アイホールにグラデでなじませ、キワを濃いめに。
エトヴォス ミネラルアイ バーム モカブラウン ¥2,500

663
チークと同系色のオレンジブラウンリップ。
資生堂インターナショナル 資生堂 ルージュルージュ ピコ BR602 ¥1,800(限定品)

 

 

『美的』4月号掲載
撮影/菊地泰久(vale./人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久
モデル/藤野有理 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事