メイクHOW TO
2016.4.14

「メイク下手子」がほぼ当てはまる!残念な仕上がりになるNG4つ

メイクに苦手意識を持つ人は多いようですが、メイクは女性となかなか切り離せないもの。できればマンネリメイクから脱出して、メイクに自信を持ちたいですね。

そこで今回は、なかなかメイクが上手くならない女性が陥っている可能性が高いNG習慣を4つご紹介します。

 

■NG1:メイクをする部屋が暗い&鏡が小さい

どんな環境でメイクをしていますか? 薄暗い部屋の中ではメイクの発色がしっかり確認できません。また、小さな鏡でメイクをしていると見ている範囲が狭過ぎて、顔全体のバランスがおかしくなりがち。外出先で鏡を見てびっくり……なんてことになりかねません。

また、小さな鏡だと顔の正面からしかチェックできず、横から見た時の眉毛の長さやフェイスラインに残ったファンデーションなどを見落としがちに。自分ではなかなか気づけないメイクのムラを事前にチェックするようにしましょう。

 

■NG2:隠したい一心でファンデ厚塗り

美肌を目指してお肌トラブルをコンシーラーで隠した後、しっかりファンデーションを塗って……そうこうしているうちにファンデーションが厚塗りになっていませんか? ファンデーションが厚塗りになると、目尻やほうれい線などにできるシワにファンデが入り込んでしまい、一気に老けた印象になります。

また、ファンデーションを必要以上に塗るのは、テカリの原因にもなります。メイクでお肌を綺麗に見せたいなら、ファンデの厚塗りは厳禁。カラーコントロールができる化粧下地などを上手に取り入れて、必要な箇所にだけファンデーションを塗る習慣を身につけてください。

 

■NG3:チークや口紅が異常に薄い

ナチュラルメイクが流行っていますが、ナチュラルメイクは“素っぴん風メイク”とは違います。チークや口紅はお肌に血色感を与え、健康的に見せてくれる効果があります。

色味が薄いと顔全体が平坦な印象になり、地味な雰囲気になりがち。ベースメイクがきちんとできていないと顔色が悪く見えてしまうというデメリットもあります。

アイメイクはグラデーションなどを作るのが難しいですが、それに比べてチークやリップメイクは簡単だと思います。頬や口元に色が乗っているだけで視線が行き、お肌トラブルに目が行きにくくなります。塗り過ぎは禁物ですが、まったく塗らないのはもっとNGです。

 

■NG4:メイクに対する探究心が低い

20代で習ったメイクを、30歳を過ぎても続けているという話はよく聞きますが、年齢と共にお肌だけでなく表情筋がたるんだり、骨格に変化が現れたりします。元も子もない言い方かもしれませんが、メイク自体に興味がなければ上達するわけがありません。

顔にはいくつものパーツがあって、全部を一度に何とかしようとすると頭の中が混乱してしまうと思います。まずは自分が気になる部分だけを探求してみてください。

 

「メイクがうまく仕上がらない……」と悩む、“お化粧下手子”のNG4つを取り上げました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 北川景子に深田恭子も!新美人の条件「鼻の下を短くする」テク3つ

※ ヤダ…メイク前より顔デカッ!「ファンデのNGな塗り方」3つ

※ 吉高由里子がお手本!「奥二重を武器にする」モテアイメイク3テク

※ 出たっ…「不自然アイメイク女子」!30才過ぎたら危険な目元3例

※ 眉毛ヘンって思われてる!「眉マスカラで失敗」3つのやりがちNG

 

【おすすめ記事(PR)】

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

ペタンコ髪でもOK!ふんわり若見えのヘアテクとは?

実録「自己処理で起こった悲劇」!ムダ毛・肌トラブルを最小限にする方法とは

髪の傷み、薄毛…美しいツヤ髪を手に入れるためのヘアケアポイント4選

メイク直し0回!? 「朝のつけたてファンデ」をキープするメイクテク

 

【姉妹サイト】

※ 恋活に積極的!3位大阪、2位東京より「合コンしてる県」意外な1位は

※ 一石三鳥も!?「仕事も私生活も人間関係も上手くいく」たった1つの方法

 

【画像】

※ Nicoleta Ionescu / Shutterstock

初出:美レンジャー  ライター:高橋果内子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事