メイクHOW TO
2014.11.27

面長女子は…絶対やめて!「顔をさらに長く見せる」NGメイク4つ

卵型や丸、三角、四角と顔の形はさまざま。生まれ持った骨格はなかなか変えることができないけれど、メイクの力で少しでも理想の顔型に近付けたいですよね。

今回は、面長の顔をさらに長く見せてしまうNGメイク法から紹介していきたいと思います。

 

■1:ファンデーションをベタ塗りする

ファンデーションの塗り方次第で、顔の長さをカバーすることができます。

面長の方は、ファンデーションをベタ塗りせず、耳の下~顎の先のフェイスラインにワントーン暗いファンデーションを塗る、もしくは、シェーディングパウダーをのせることをオススメします。このひと手間を加えるだけで、輪郭は見違えるように変わります。(一番上の写真参照)

 

■2:眉上を描き足す

面長女子は…アウト!顔を「ビロ~んと長く見せる」勘違いNGメイク眉を描くときは、眉上ではなく、眉下にポイントを置くことが重要です。そうすることで、眉と目の距離が近付き、間延びした感じがなくなって、顔がキュッと引き締まります。

ペンシルで丁寧に輪郭を取ったら、パウダーで描き足しましょう。

 

■3:涙袋に何もしない

涙袋がぷっくりしているのとそうでないのとでは、顔の長さが違って見えます。

アイボリーのような自然な色のアイシャドウを使って、涙袋に印象を持たせましょう。

 

■4:チークを斜めに入れる

面長女子は絶対にやったらダメ!「顔をさらに長く見せる」NGメイク面長の方が、頬骨に沿って斜めにチークを入れると、顔の長さ・シャープさを強調させてしまいます。

チークは、頬のやや高い位置から、横に向けて入れるのが正解です。楕円形を意識してチークを入れましょう。

 

この4つのポイントをおさえるだけで、顔の印象がガラッと変わります。面長さんは、是非試してみてくださいね。

 

初出:美レンジャー  ライター:高木沙織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事