メイクHOW TO
2017.12.2

色っぽアイはツヤが重要! プロが教える最旬“アイグロス”使いこなし術

「眼差しでしっとりとした色っぽさを出すには、湿度を帯びたようなまぶたのツヤ感が有効。それにはアイグロスがとても使えますが、単品だとヌーディすぎてしまうので少し強めの囲み目メイクに重ねるくらいがちょうどいい。目元の強さが絶妙にほどけていい感じのスキも生まれます」(ヘア&メイクアップアーティスト・笹本恭平さん)

深みのあるぬれツヤまぶたでムードのある潤みアイに

511

使用アイテム

513
A. 天然石のアメジストをイメージした配色のパレット。ツヤ感が繊細。
MiMC ビオモイスチュアシャドー 4D 04 ¥6,000

B. ひと塗りでうるっとグロッシィな質感をプラス。
コーセー ヴィセ リシェ スパークリング ニュアンサー GD-1 ¥1,000(編集部調べ)

C. 軽いタッチでするする描けるブラウンペンシル。
NARS ベルベットアイライナー 8186 ¥2,500(限定発売中)

メイク方法

512
上まぶたはaをアイホール、bをキワに入れ、下まぶたはまつげの隙間を埋めるようにCを。最後に上下まぶたの中央にBを重ねる。

その他の使用アイテム

re0110
2色を混ぜ、頬骨に沿ってふんわりと薄めに。
カネボウ化粧品 ケイト 3Dコントラスティングチークス RD-1 ¥1,500(編集部調べ)

re0121
温かみのあるベージュのリキッドリップ。
シャネル ルージュ アリュール インク 156 ¥4,200

 

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト・笹本恭平さん

 

『美的』12月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/小川未久 モデル/泉 里香 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事