メイクHOW TO
2024.6.14

「鼻の毛穴を消したい!」「頬の赤みを自然にカバーしたい」大人2.5トーンアップメイクでお悩みを解決!

ヘア&メイクアップアーティストのpaku☆chanさんが「カバーしているのに素肌感」を大人の肌で成立させるテクを紹介!『美的』読者のお悩みについてお答えします♪

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chanさん

Before

原 凜さん
(イメージコンサルタント・29歳)

【お悩み 1】鼻の毛穴を消したい!

A.ピンク系トーンアップコンシーラーで、“消す”というより“散らす”


毛穴が気になる部分に広くなじませる
そもそも黒ずみ毛穴の周りはくすみがち。ピンクコーラルのコンシーラーでヘルシーにトーンアップすることで、自然なカムフラージュが可能です。毛穴そのものに執着しすぎないことも大切。


みずみずしくのびてピタッと密着。重ね塗りも自然。
ジルスチュアート ビューティ ダイヤモンドティップス コンシーラー C10 ¥3,300

ダイヤモンドティップス コンシーラーの詳細・購入はこちら

【お悩み 2】ほてったような頬の赤みを自然にカバーしたい

A.あえて血色フェースパウダーで明るくなじませる


ブラシで全体を混ぜて頬にオン
青みだけで打ち消そうとすると、そこだけが白く不自然になりがち。まずは血色・寒色ミックスのフェースパウダーで赤みをぼかす。


寒色をスポンジにとりなじませる
パウダーの寒色部分をスポンジにとり、赤みが強い部分になじませる。程よい天然チークに仕上がれば、基本編のチークは省いてもOK。


ピンクやラベンダーがすがすがしく優しい印象の肌へ。
エレガンス ラ プードル オートニュアンス リクスィーズ VIII ¥11,000

ラ プードル オートニュアンスの詳細はこちら

After

トップス¥19,800(ミースロエ) ピアス¥49,500(エナソルーナ)

『美的』2024年7月号掲載
撮影/中川達也(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/paku☆chan スタイリスト/福島あいか 構成/野澤早織

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事