メイクHOW TO
2023.4.15

鈴木愛理×H&M 福岡玲衣|「太陽の下ではブルーが色鮮やかに存在感を増してくれる」【太陽は、私の味方。】

メイクを心から楽しめる、春の太陽が訪れました。色鮮やかに存在感を増すブルーメイクで、新鮮な春を迎えて♪

“春の太陽の下、色鮮やかに存在感を増すブルー。新しい日常への期待感と高揚感が、晴れやかに満ちていく”

トップス¥35,200、ワンピース¥60,500(エスケーシー〈MEIMEIJ〉) リング¥162,800(マリハ)


「明るい日差しが降り注ぐ今の時期こそ、カラーで大胆に遊びたくなります。特に寒色系のカラーマスカラは室内だと目立ちにくいけれど、太陽の光の下では色がぐっと映えて主張してきてかわいい!」(福岡さん)


The Blue, illuminate my world. I feel the sunshine above me with my new lashes.

 

使用アイテム


A. 透けるベビーピンクで大人の透明感を。
アンプリチュード コンスピキュアス モノチークス 05 ¥6,380

コンスピキュアス モノチークスの詳細・購入はこちら

B. 繊細なパールを含むターコイズのマスカラ。
イミュ オペラ カラーリングマスカラ 106 ¥1,650(5月24日限定発売)

カラーリングマスカラの詳細はこちら

C. 唇をみずみずしく潤わせながら、肌を美しく引き立てるヌードベージュ。
ディオール ディオール アディクト リップスティック 412 ¥5,500(限定品)

ディオール アディクト リップスティックの詳細はこちら

D.ブルーとグリーンが揺らめくように溶け合う神秘的なカラー。
シャンティ デュカート ナチュラルネイルカラー N 176 ¥660(6月5日限定発売)

ナチュラルネイルカラー Nの詳細はこちら

E. 大胆かつ繊細な輝きを放つホワイトオパールのアイシャドウ。
カネボウインターナショナルDiv. KANEBO ブライトフューチャーボックス EX1 ¥4,070(5月12日限定発売)

 

メイク方法

「シーズンムードたっぷりのターコイズのまつげ!ホワイトのアイシャドウをベースにしてアイシーに仕立てつつも、チークとリップ、下まぶたにもピンクを添えることで、春らしい柔らかな温度感に仕上げました。今回はチークを頬だけに使うのではなく、下まぶたにものせています!同じアイテムだからおのずと統一感が出ます。そんな自由な使い方だってありなんです」(福岡さん)

EYE:KANEBOの艶やかな白シャドウを指でとり、キワを抜いて上まぶたになじませる。下まぶたにはなんと、アンプリチュードのピンクチークをふわり。主役のオペラの鮮やかなターコイズマスカラは、上まつげにたっぷり、下まつげにはさらっと。 

CHEEK:アンプリチュードのピンクチークを小鼻のわきから横長に。

LIP:ディオールのピンクベージュをじか塗りして、ヌーディな唇に。

\最近またカラーマスカラが気になっています/

「メイクって、ガチガチに決め込みすぎない方がうまく行くと思うんです。私自身、リラックスしている撮影の方がうまく行くな、と感じていて。メイクのイメージや使いたいコスメは頭の中にあるけれど、その日の衣装や気分、手にとったコスメによってパッと変えちゃいます。メイク中も“この色とこの色を混ぜてみようかな”“ここにこの色をのせたからかわいいかも”“意外と何も塗らない方がかわいいかも”…みたいな感じでかなり自由(笑)。好きにやってみよう!くらいのライトな気持ちでメイクする方が絶対に楽しいし、新しいかわいさが見つかると思います!」

 

PROFILE
すずきあいり/1994年4月12日生まれ。2002年に『ハロー!プロジェクト』に加入し、アイドルグループ『℃-ute』を結成。’18年からはソロボーカリストに。モデル、女優としても活躍中。

ふくおかれい/サロンワークを経て、’11年独立。ファッション誌や美容誌、広告、カタログなどで活躍中。’21年からはヘア&メイクと写真を融合したプロジェクト『写粧花』を始動。

 

『美的』2023年5月号掲載
撮影/花村克彦 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) モデル/鈴木愛理 構成/松村有希子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事