メイクHOW TO
2022.2.24

【最旬メイク】老け見えしない! ベージュリップを使って血色とムードを引き寄せて♪

\"\"

ピンク以外にも寒色系にレッド、オレンジ、今年の春メイクもカラフル!トレンドにベージュリップもカムバック中。でも、顔映りや“浮き”が気になってトライしにくい&買っても引き出しの奥で眠っちゃう…そんな人こそ、プロのヘアメイクさんも使うこのテクを取り入れて♪

「ピンク」でまとめる

\ピンクを顔全体のあちこちにおくことで、つられて血色がいいかのように装える!/
2112022841

ベージュリップ はピンクのワントーンで血色とムードを引き寄せる

クールな黄みのベージュリップは、定番のブラウントーンのメイクに合わせると、血色がなくなり、ともすると老け見えのおそれあり! 寂しい印象やのっぺり感を回避するためにも、眉、目元、頬、唇以外をすべてピンクのワントーンで仕上げるのがベスト!大人の自然な血色を引き出して、コンサバすぎず、モードすぎず、甘すぎない、おしゃれでアンニュイなムードに表情が一変!

 

使用アイテム

img_00021

A.魅惑的かつモードな印象をかなえる眉マスカラ。顔のトーンを絶妙なくすみピンクで上げて。
セルヴォーク インディケイト アイブロウマスカラ C 03 ¥3,080

インディケイト アイブロウマスカラ Cの詳細・購入はこちら

B.ピーチティーのようなピンクブラウン。上の2色を混ぜて、眉全体が色づくようにしっかり発色させて。肌なじみが良く、表情に程よい血色感をプラス。
井田ラボラトリーズ キャンメイク ミックスアイブロウ 09 ¥660(2月28日発売)

C.偏光パールが上品なロージーピンク。アイホール全体になじませて。
RMK カラースティック 01 ¥3,300

カラースティックの詳細・購入はこちら

D.艶めくピンクのヴェールで頬に立体感をオン。
アディクション ザ ブラッシュ ニュアンサー 004N ¥3,300

ザ ブラッシュ ニュアンサーの詳細・購入はこちら

 

『美的』2022年3月号掲載
撮影/高木健史(SIGNO・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/猪股真衣子(TRON) スタイリスト/辻村真理 モデル/新野尾七奈 構成/高木美伽

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事