健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.12.29

北川景子さん「美容への向き合い方も変化…シンプルケアや便利グッズも活用中」|『美的』2月号スペシャルインタビュー

2021年、主演ドラマ『リコカツ』をはじめ、出演映画が3本公開されるなど多方面で活躍。 トップ女優であり続けながらも、どこかピュアな空気をまとった美しさはまさに奇跡! テレビや雑誌でプライベートについて話す飾らない姿も含めて、多くの『美的』読者から支持を集めました。

【ベストビューティウーマン1位】北川景子|クリーンな多面体、私たちの憧れ

202202g36-1

「1年のご褒美みたいな受賞。素直にとてもうれしいです!」

圧倒的に美しくてカッコいい、だけど時折見せる本音はチャーミングで親近感あり♡ ひとりの女性としても、母としても憧れる──そんなさまざまな魅力をもつ姿が多くの『美的』読者に支持され、ベストビューティウーマンの1位に! 「こんな風に素敵に年を重ねたい。心からそう思わせてくれる人」(事務・26歳)とのコメントも多く寄せられました。

「美しさと知性を兼ね備えているところに惹かれる!」(自営業・32 歳)

「ひとりの女性として、年々輝きを増していると思う」(販売・34 歳)

「美容に対してまっすぐに向き合う姿に憧れます」(飲食・28歳)

自然体の美しさを目指す姿に多くの人が共感!

女優として多忙な生活を送りながらも、いつだってキュッと引き締まった小顔にすべすべの肌、スタイルの良さ…ハッと見とれる程惹きつけられます。ただし、それだけではないのが北川さんの魅力。

「ベストビューティウーマンの受賞を聞き、ただただありがたいです。この1年は振り返ると大変なことも多かったので、まさに大きなご褒美をいただいた気持ちです。もちろんとても充実した年でもありました。上半期は連続ドラマや映画の公開などがあり、仕事モード全開。逆に下半期は少し時間にゆとりがもてて家庭に向き合う時間があったので、バランスがとれていたかなと思います。今の目標が“公私のバランスをとること”なので。年代的にもずっとハードなペースで働き続けるのは多分難しいので、お休みのときは家庭で過ごす時間を大切にしながら、自分の体もいたわって、でも働くときは働く! そんな生き方を大切にしていきたいなと思っています」

またライフスタイルの変化と共に、美容への向き合い方も変わってきたという。

「昔は撮影の前日は、たっぷり時間をかけてスペシャルケアをして、食事や睡眠も気をつけて気合を入れていましたが、今はいい意味で力が抜けてきて、シンプルケアを継続することを大事にしたり、すぐ髪が乾くタオルなどの便利グッズの力を借りるなど工夫をするようになりました。今35歳なのですが、無理に年齢に抗おうとせず、その年なりの美しさを目指したいなと思っていて。きっと不自然だろうから25歳には見えたくないんです。でも、実年齢よりマイナス3歳くらいの見た目年齢が理想かな(笑)。欲張りすぎず、でも手は抜かずに自分を磨いていきたいです」

202202g36-eye
女優
北川景子
きたがわ・けいこ。女優。1986年生まれ。多くのドラマや映画で主演を務め、多方面で活躍。’22年5月20日には映画『大河への道』が公開予定。

『美的』2022年2月号掲載
撮影/中村和孝 ヘア&メイク/青山理恵(nude.) スタイリスト/NIMU(まきうらオフィス) 構成/安井千恵

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事