健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.10.22

戸田恵梨香さんが最近、心穏やかにいられるようになった理由は?|『美的』12月号スペシャルインタビュー

\"\"

凜りとした美しさの中に、力の抜けた柔らかな表情がのぞく。「最近、心穏やかにいられるようになった」という戸田恵梨香さんが、頭も肌も「ふわふわ、やわやわ」いるために大事にしていることとは?

瞑想で頭をからっぽにすると気持ちに余裕が生まれる

kd_0684
この撮影の直前、役作りで伸ばしていた髪を切り、久しぶりに前髪を作った。

「普段は抜け感のあるメイクが好きなのですが、今のスタイルだと少し細めの眉や、かっちりメイクも合う気がして、挑戦してみようかなと思っているんです」

今年も、注目作に続けて出演。昨年末から撮影が続いていた。息抜きをしようにも、生真面目な性格から気づくと仕事のことを考えてしまい、頭も気持ちも休まらない。そんな中、「“考えない時間”を作ろう」と始めたのが、瞑想だった。

「私は思考が多く、眠ることも上手ではないので、強制的に頭を休ませようと考えて始めました。ヨガで体を整えた後に15分、ただただ座ると、ゆっくりと頭がからっぽになって、とても心地よくて。その日1日、頭がちゃんと回って、効率良く動ける実感があるんです。頭の中に余白を作ることで、仕事に対しても余裕をもって取り組むことができる気がしますし、周りへの思いやりや包容力も生まれたらいいなと思います」

かつて、家に帰ると体が重く、何もする気力がないという時期があった。自分を奮い立たせる術がわからなかった。「勢いで突っ走るだけでは、いい仕事はできない」と気づいてから、自分の体と向き合い続けてきた。

「体質を調べて、自分に合う食材を選ぶようになると、慢性的な疲れや、なんとなくの不調が消えて体が軽くなった感覚がありましたし、食事を変えたり、頭を休める時間をもつと、体調の違和感にも気づけるようになって。自分の体を知るって大事ですよね。私は、ふわふわとして、透明感のある肌が美しいなと感じますが、そんな美肌を導くにも、頭と体、心のバランスが大事だと思うんです。そのためにも日々、穏やかでいられる自分なりの方法をもっていたいですね」

「表情が柔らかくなったね」と言われるようになったという戸田さん。それは、「家族の存在も大きい」という。

「家族の声を聞くと安心するし、私は大丈夫だって思える。家族の存在は、思っている以上に自分の力になっていると思います。結婚したことで、ひとりで頑張りすぎなくても大丈夫なんだと思えましたし、今まで自分で抱えてきたことも分かち合える存在はやっぱり大きいですよね。今は散歩したり、食事を作ったり、なにげない日々の暮らしがいちばんの癒しです。仕事もプライベートも充実できるよう、自分の中の余分なものを断捨離して、心穏やかに過ごして、自分の愛を高めながら生きていきたいです」

頭と心を休ませて、穏やかに過ごすこと。それが美しさを育むと思う

kd_0299

3つの美の秘訣

kd_0478

【1】「お肉は豚肉や鶏肉。食事は体質に合うものを選んでいます」

数年前に検査をして自分の体を知り、体質に合う食材をとり始めたら、生理痛が軽くなり、肌がカラカラに乾燥して「今すぐ化粧水をつけなくちゃ!」…という感じがなくなりました。炭水化物もエネルギー源なのでお米も食べます。中性脂肪を抑え、胃腸の働きをサポートするフィッシュオイルや、脳のエネルギー補給にもなるMCTオイルも、意識してとっています。

【2】「自分が心地よく過ごせる方法を幅広く学んでいきたい」

香りのよいハーブなども心地よさをもたらしてくれます。今はメリッサ(レモンバーム)のチンキ(濃縮エキス)を携帯して、お水に入れて飲んだりしています。食事をはじめ、自分に合うものを選ぶことで、調子が良くなったり、心地よさを感じるとうれしいですし、明日の自分のために時間を重ねることの大切さを、日々実感しています。
kd_0305

【3】「散歩や買い物、料理。当たり前の日常が、いちばんの癒しです」

スーパーで買い物をして、家でごはんを作って食べる。そんな日常がいちばん幸せで、心穏やかに過ごせる時間だと感じています。その心のゆとりや豊かさが、大人の美しさや、仕事へのモチベーションを生む気もしています。家では、唐揚などの揚げ物をよく作るんです。お肉に下味と片栗粉をつけ、1日置いて揚げると、しっとりとしておいしくて! ハマっています(笑)。

\こちらの記事もチェック/

PROFILE
1988年兵庫県生まれ。女優。2006年に映画初出演。主な出演作に、映画『最初の晩餐』、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『スカーレット』、ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』など。2018年より日本のランコム ミューズを務める。

『美的』2021年12月号掲載
撮影/三瓶康友(人物) メイク/松井里加(A.K.A) ヘア/KENICHI for sense of humour (eight peace) スタイリスト/yoko kageyama(eight peace) 取材・文/松田亜子 構成/安井千恵

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事