健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.8.30

【SDGs】賢く再利用、環境や動物への配慮…今日から取り入れられる! 美容賢者が実践していることは?

\"\"

最近よく耳にする“SDGs”。一方で始めたいけど何からしたらいいんだろう?という声も聞きます。でも自分の気分に合うものから始めれば、きっと楽しく気軽にスタートできて、長続きするはず♪キレイにもなりながら自分や周りを大切にできるSDGsなアクションをリサーチしました!“賢者がふだんしていること”をヒントに取り入れてみましょう♪

SDGsなアクションに私にぴったりなものありますか?

美容ジャーナリスト

永富千晴さん

会員制ビューティーコミュニティ『club C.』主宰。YouTubeチャンネル「永富千晴キレイの未来」をスタートするなど、多角的に発信。

『美的』専属 モデル・美容研究家

有村実樹さん

自身のインスタグラムで公開する美容法や動画が人気。昨年植物療法士の資格も取得し、体にも環境にも負担なくできるセルフケアを追求中。

ビューティーディレクター

新井ミホさん

PR会社『ラキャルプ』代表。「肌・食・住」をテーマにオーガニックビューティライフの提案を行う。自身の生活でもエコ&クリーンを意識。

ウェルネスフード スタイリスト

松見早枝子さん

エイジングケアに役立ち、体や環境に負担の少ない食事法として独自の「魚菜食」を提唱。サスティナブルなコスメやファッションにも詳しい。

ちょっとおさらい!SDGsって?

→地球が抱える問題を解決する17のグローバル目標
202107gp108-8
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、貧困や飢餓、社会的格差、ジェンダー、エネルギー、環境など、地球が抱える多くの問題について、世界全体で解決を目指そうというもの。2015年に国連サミットで採択されました。2030年までの達成を目指し、17の大きな目標で構成されています。皆が安心できる未来のために、私たちひとりひとりに何ができるか考え、行動に移すことが大切に!

今の気分|使えるものは賢く再利用したい

【1】 使い終えたコスメの瓶やキャンドルの瓶、ジャムの瓶を、花瓶やブラシ立てなどに再利用。(永富さん)
202107gp108-2

【2】 お手拭きタオルなどは、雑巾としてリユースしやすいサイズや厚さのものをあらかじめ選ぶ。(永富さん)

【3】 古い歯ブラシや消耗したメイクブラシは掃除グッズに活用。(永富さん)

【4】 ハーブティーの出がらしはジップロックに入れて冷蔵庫に保存しておき、たまったらハンカチに包んで入浴剤として再利用。ティーバッグのものは難しいのですが、大袋で購入するハーブの場合はオススメです。(有村さん)

【5】 いらなくなった毛糸を編んで食器スポンジに。丈夫で繰り返し長く使えます。(新井さん)

今の気分|自然環境や動物に配慮したい!

【6】 植物のなめくじ対策には殺虫剤を使わずインスタントコーヒーをスプレー。(永富さん)

【7】 たんぱく源は魚や卵を中心に。肉類は肥育期間(食用にするため大きくする期間。牛は長い)を考え、牛肉はあまり食べない。(松見さん)

【8】 スキンケアは環境への意識が高い『アムリターラ』か、エコサート認証もとっている『琉白』を愛用。(松見さん)

202107gp108-14
合成界面活性剤不使用。
アムリターラ アロマティッククレンジング クリーム ラベンダー 150g ¥4,840

202107gp108-7
月桃葉ハーブ水をベースにした天然成分100%の高保湿化粧水。
琉白 月桃バランスローション 120ml ¥3,960

『美的』2021年7月号掲載
イラスト/ユリコフ カワヒロ 構成/野村サチコ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事