健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.3.22

形成外科・美容皮膚科医 貴子先生|美容と『美的』の20年

“内外美容の大切さをずっと伝え続けてきてくれたことに感動

202105g286-takako1
美しい女医さんの代名詞的存在である貴子先生。20年前を「研修医時代で、人生でいちばん体力的に
ハードな時期だった」と振り返ります。

「形成外科専門医の勉強をしながら、美容医療やスキンケア理論も学んで頭がフル回転していました。『美的』を含め、美容誌を当直の寝る時間を削って熟読していたのを覚えています。『美的』は、正しい知識とハウツーの取り入れやすさが抜群。そして、サプリメントを毎号のように掲載してくださり、内外美容の大切さをよく理解していただけていると、その度に感動しています。この20年で、本当にスキンケア製品が進化しました。成分やテクスチャーはもちろん、理論的にも効果的にも美容医療とリンクする部分が多くなりましたね。今後もっとわかりやすく、美容医療とコスメが共存できるといいなと思っています。そして、年を重ねる程健康=美容に。『美的』と共に、私もサポートしていきたいです」

私にとって『美的』とは…

202105g286-takako2

形成外科・美容皮膚科医

貴子先生

『松倉クリニック代官山』院長。豊富な美容知識と確かな技術で、女優やモデル、美容関係者からも圧倒的な支持を受ける。育毛治療のパイオニアとして施術に定評があり、最近はクリニックを訪れる人の3割が男性とか。

『美的』2021年5月号掲載
撮影/当瀬真衣(TRIVAL/人物) ヘア&メイク/輝・ナディア(Three PEACE) 協力/木土さや 構成/小内衣子(PRIMADONNA)

美的20周年特設サイトTOPへ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事