健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.8.11

無印良品&100均アイテムで! 美的クラブのコスメ収納術を大公開!

美容大好きな美的クラブメンバー。アンケートをとってみると、100個以上アイテムを保有するメンバーも少なくありませんでした。では実際にそんな読者たちはどのように、コスメを収納しているのでしょうか?リアルな収納テクニックをご紹介します!

美的クラブも無印良品や100均アイテムを駆使してコスメ収納していた!

100均クリアケースの取っ手をカスタマイズ!

202008gp139-36
ケースもかわいい♪
202008gp139-37
「コスメを見せて収納したいので、100均のセリア、ダイソーのものを愛用。アイテムごとにキレイに見えるようにして置けば、気分も上がる!取り出しやすい立てて収納するのも心掛けています」

202008gp139-38
平野麻友子さん(コスメコンシェルジュ・30歳)

 

100均の重ねられるBOXなら場所を取らない!

202008gp139-27
「よく使うものは、もち運びできるように収納。ドレッサーはありますが、リビングの自然光でメイクしたり、お風呂上がりにTVを見ながらスキンケアしたりするので、このセットにしています」

202008gp139-28
皆川智子さん(会社員・38歳)

 

無印良品のBOXは鏡と蓋が一個でOK

202008gp139-29
蓋がスタンドミラーにも!
202008gp139-30
「無印良品ポリプロピレンメイクボックスシリーズに鏡&蓋のアイテムがあるので、それを使ってコンパクトに収納!もち運びしやすいので、室内ならどこでもメイクできます」

202008gp139-31
佐藤明奈さん(主婦・35歳)

 

無印良品のキャスターつき。ワゴンにすべてまとめて

202008gp139-40
「上の段にメイク用品やブラシ、下の段にスキンケアアイテムやヘアケアグッズを収納しています。『美的』付録のポーチはリップを収納するのに◎。キャスターつきワゴンは掃除のときにも便利です」

202008gp139-39
末廣久美子さん(販売・37歳)

 

100均のコンテナで見た目おしゃれに

202008gp139-41
上から見ると
202008gp139-42
「ステイホーム期間にコスメを断捨離!100均のコンテナにメイクとスキンケアを分けて、さらに細かいアイテムをポーチにイン。ファンデなどもなるべく立てて収納するようにしています。」

202008gp139-43
木済敦子さん(受付・31歳)

 

ほかにも!美的クラブの収納こんなテクニックが!

プロやスタッフも驚く程のコスメの多さ!その圧巻のコスメ収納術をご紹介します。

ドレッサーをDIY!

202008gp139-34
「イケアの引き出し&天板、フランフランのミラーなどでカスタマイズ。机上にスキンケアやアイ・リップライナー、マスカラなどの散らかりやすいものを置いて、ほかは引き出しへ」
渡辺樹里さん(自営業・30歳)

 

収納もプロ仕様

202008gp139-32
「メイクの仕事もしているので、とにかくとりやすさが大事!メイクアップアーティストのメイクボックスは、広がるので一度に見渡せて使いやすいです」
深谷典子さん(コスメコンシェルジュ・33歳)

 

ワインの木箱が収納BOXに!?

202008gp139-44
「とにかく量が多いので、小分けできず…。ワインショップの木箱なら、たくさん収納でき、重ねて床置きできるので気に入っています。1箱¥500~という値段も◎」
木林綾音さん(広告・31歳)

 

『美的』2020年8月号掲載
撮影/河野 望 構成/高橋尚子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事