健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.11.9

桐山漣󠄁さんインタビュー|「メンズ美容は清潔感を保つための身だしなみのひとつ」

メンズ情報誌『DIME』と、美容専門誌『美的』が初コラボ! 男性も女性も楽しんで読める「メンズ美容」の今をお伝えします! 今回は、桐山漣󠄁さんのインタビューをお届け。桐山さんが“メンズ美容をする”理由とは――?

“コスメをシェアすると、共通の話題もできて、彼女ともっと仲良くなれるはず”

09661912001580000001-1
メンズ美容は清潔感を保つための身だしなみのひとつ
甘いルックスとスタイリッシュな佇いが魅力の俳優・桐山漣󠄁さん。美容感度も高そうですが、本人曰いわく「僕にとって美容はあくまで清潔感を保つために必要な“ケア”で、身だしなみの一環」なのだそう。

「『どうせ何もない』と、手抜きした日に限って、気になる人に会っちゃいませんか?(笑)だから毎朝、『今日は何か素敵なことが起こるかも』と思って身支度をするんです。そうすると、いつもより少し身なりに気を遣いますよね。それが習慣化して気を遣うのが当たり前になると、自然と清潔感が伴ってくると思います」

そんな桐山さんが特に大切にしているのがにおいのケア。
「暑い日にはボディシートをもち歩いたり、香水が苦手な男性なら柔軟剤などで服をいい香りにしたりするといいと思います。スキンケアはお風呂上がりに化粧水と乳液をつける程度ですが、日焼けしやすいので美白は意識しています。ドラッグストアで鍵つきのボックスに入っているような高級美白乳液に出合って以来、正直コレが最強Best! と思って愛用していますが(笑)、ほかにもおすすめのアイテムがあればぜひ女性に教えてもらいたいですね。やっぱり女性の方が美容に関しては詳しいと思うので」

今回のテーマ、“カップル美容”と聞いて桐山さんがイメージすることは?
「ふたりで同じアイテムをシェアして使うっていいですよね。共通の話題ができて、ふたりの仲が深まるきっかけになる気がします。特に、普段から使っているアイテムを『コレ、すごくいいから一緒に使ってみよう』と勧められたら美容へのやる気が出そう。一度イイ!と思ったらそれに集中するような所があるから、ハマって一途にお手入れをすると思います」

 

PROFILE
桐山漣󠄁〈きりやまれん〉
1985年生まれ・34歳。映画『曇天に笑う』、ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』など出演作多数。現在放送中のドラマ『CHEAT チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(読売テレビ・日本テレビ系)も話題。

 

『美的』12月号掲載
撮影/当瀬真衣(TRIVAL) ヘア&メイク/江夏智也(raftel) スタイリスト/吉田ナオキ モデル/桐山 漣󠄁 構成/村花杏子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事