健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.7.12

【美的GRAND】編集長・天野佳代子が語る「少ないのに効果は高い」 夏を美しく過ごせる“マイナス美容”とは…

少ないのに効果は高い。マイナス美容で夏を美しく

biteki_03

夏でもキレイなままでいられる人なんてこの世にいるのだろうかと、毎年盛夏の真っただ中にいて思います。メイクは汗と皮脂でドロドロ、髪は乾いてバサバサ・・・。暑さで食欲も減退するから栄養は行き渡らず、外も内も疲労感でいっぱい・・・。

20代の頃、夏を謳歌したグラン世代の皆さんも、夏のつらさを実感する度に、自らの年齢を思うはずです。若い頃は、 暑さと戯れる体力がありました。どんなに日に焼けても、秋の訪れと同時にもとの色に戻っている肌を、当然のこととして受け止めていました。

今思えば若い頃のあの体力と代謝力を、魔法のようにさえ感じてしまいます。

あちこちの力を失った大人にとって、夏はある意味特別な季節になりました。夏の過ごし方ひとつで、加齢を加速させるか、減速させるかが決まるからです。

だからといって、帽子や日傘や長袖で太陽の光を遮断して、動きを鈍らせるのもつまらない。20代のあの頃のように、楽しみながら笑顔で過ごすことが、グラン世代の夏のあり方だと思います。

そのために、今号は大人がやるべき夏美容を特集しました。 あれこれとたくさんやる必要は全くありません。効きのいい新製品がいくつかあって、ポイントを押さえたプロセスがいくつかあれば、肌や髪の美しさを維持できて、同時にメイクのもちだって良くなります。

美容以上に大事な食の特集もあります。バテたからといって食をおろそかにすると、肌は劣化の一途をたどり、秋以降に大きな影を落とします。食が細くなったら、少量でも栄養価が高いものをチョイスすべきです。

美容も食も、少なく、でも効果は高く。夏を美しく過ごすキーワードは、この“マイナス”にあります。私たちはそれを「夏のマイナス美容」と名づけました。

夏でもキレイな大人がたくさん増えると、きっと素敵な世の中になると思います。特にグラン世代の皆さんにはキレイなだけじゃない、元気な夏を体感してほしいと切に願います。どうぞ今号の特集が、皆様のお役に立ちますように…。

re%e6%b5%81%e7%94%a8kd_eos-1d-x_4635%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%9f%8b%e3%82%81%e8%bc%aa%e9%83%ada
『美的GRAND』編集長
天野佳代子
美容エディターとして美容の変遷を体現しながらページを作り続けて33年。『美的』創刊時からエディトリアルディレクターを務め、『美的グラン』創刊を機に移行。読者にわかりやすいページ作りがモットー。『美的』にて『ズルいコスメ』好評連載中。年齢62歳。

 

ig01
美的GRAND vol.4 7月12日発売
>>購入はこちら https://www.shogakukan.co.jp/magazines/series/065000

 

>>美的 GRAND公式インスタグラム@biteki_grand

 

『美的GRAND』 vol.4掲載
イラスト/湯浅 望 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事