健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.1.28

極上スパにアクティビティも充実! 大人女子向けに生まれ変わった「宮崎・シーガイア」に大満足!【キレイになる旅 by ビューティ&トラベルライター 石原有起 Vol.16】

2017年秋、全てのエリアのリニューアルが完了し、女性にも嬉しいリゾートとして注目されている、宮崎県の「フェニックス・シーガイア・リゾート(※以下、シーガイア)」。

前回は、おしゃれ女子必見のクラブフロアをお伝えしましたが、今回は、「シーガイア」でしか体験できない、アクティビティの魅力を掘り下げていきましょう!

 

リゾート内で思いっきり寛げる! THE LIVING GARDEN

施設内に新しく誕生した「THE LIVING GARDEN」も、宿泊者専用でゆっくりと過ごせる空間です。

_dsf8618

「THE LIVING GARDEN」の森のエリアは、寒い季節でも温かさを感じながら、グランピング感覚で楽しめるように作られています。

_dsf8723

森のエリアにある「焚火のリビング」で、揺らめく炎を囲みながら、無料で用意されている焼きマシュマロや熱々のコーヒーを片手に語り合うなんて、大人の楽しみだなぁとしみじみ。

069a7749 %e7%84%9a%e7%81%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0

日が落ちたら、ガーデンプールを眺められる、ガラス張りの「KUROBAR」へ。

_dsf8232

5種類のジンとフルーツを好みで組み合わせることができるジン・トニックや、季節のフルーツから選べるミクソロジーカクテルをはじめ、モッツァレラチーズのカプレーゼなどのおつまみも充実。見た目がおしゃれなだけでなく、メニューも本格派。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

夜も更けたころ、大きな3面窓から眺めるライトアップされたガーデンエリアの美しさは、格別です!

_dsf8242

「水のエリア」のガーデンプールでは、夏には早朝ヨガや、プール遊びも満喫できますよ。

_dsf8911

貸し切りタイプのガゼボは、屋根付きでプライベート感も満点。冬は掘りごたつ仕様に代わり、特別な鍋料理も楽しめるなど、いつまでも寛いでいられそうです。

%e3%82%ab%e3%82%bc%e3%83%9c%ef%bc%91

 

深呼吸しながら、黒松林をサイクリング

「シーガイア」に滞在中、ぜひ体験したいのが、黒松林で過ごすこと。エリア内には、徳川吉宗の時代に植林された黒松が生育されています。

100万本以上あると言われる(正確な数はわからないそう!)黒松から多く放出されるフィトンチッドは、リラックス効果をはじめ、殺菌作用や細胞を活性化させる効果があるとされています。私は気管支が弱めなのですが、呼吸器官にも良いそうでありがたや…(涙)。松は、大気の浄化や温暖化防止にも一役買っているとか。

002_mg_8144

そこで、ホテル2Fのアクティビティーセンターでレンタサイクル(自転車:1時間¥550~)を借りて、松林の中を巡ってみました。松林の中で有酸素運動を行うことで、さらにヘルシーな身体に近づくはず。

サイクリングは、電動自転車やクロスバイク、2人乗り自転車も用意されています。また、施設内では、セグウェイツアーや乗馬のアクティビティに挑戦することも可能。(各有料)

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

 

日本では「シーガイア」だけ!「バンヤンツリー・スパ」で至福の時間を

松林でのアクティビティを満喫したら、スパで身体を緩めましょう。

タイで生まれ、シンガポールに本社を持つ、スパ好き女子の憧れブランドのひとつ「バンヤンツリー・スパ」が、なんと、日本ではここだけで受けられるのですから!

まず通されるのは、広々としたウェイティングルーム。「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の39Fにあり、地上約130mの窓からは、どこまでも広がる太平洋が一望できます。

「バンヤンツリー・スパ」は、セラピストが触れる“タッチ”と、その土地の天然の恵みを活用することに重点を置いています。

bts%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a01

そこで今回私が受けたのが、「パイン・ディライト(60分コース)」。リゾートを取り囲む松林をイメージしたメニューで、日本らしさ、シーガイアらしさが存分に取り入れられた、オリジナル・マッサージとして開発されたトリートメントです。

unnamed-5%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

施術前の足湯では、ミントや緑茶など天然素材を使用したオリジナルのスクラブを使って、角質や汚れを落とします。

足湯中にも、腕のマッサージを施してくれるなど、至れり尽くせり♪

unnamed-3 unnamed-2

しなやかで安定感のある松の木や、太平洋のさざ波をイメージしたようなフルボディのマッサージは、程よい圧を加えたストロークで、全身のコリが穏やかにほぐされていくのが特徴的でした。

unnamed-8

マッサージが終わった後は、松葉茶や季節のフルーツをいただきつつ、リラクゼーションルームで、しばしまったり。絶景に癒される、静かで心地よい時間です。

img_8341 img_8347

ほかにも「シーガイア」内には、太古の海の化石成分を含んだ、ミネラル豊富な美人の湯の温泉「松泉宮(しょうせんきゅう)」や、女性向けの要素が充実したゴルフコースなど、1泊では遊びつくせないような施設が目白押し!

2017年の年末からは、LCCのジェットスター航空の成田〜宮崎路線も就航がはじまったので、さらに手軽に訪れられる場所になりました。新しくなった南国のリゾートに、ぜひ足を運んでみては?

 

<取材協力>
※フェニックス・シーガイア・リゾート>>http://www.seagaia.co.jp/

※バンヤンツリー・スパ フェニックス・シーガイア・リゾート>>http://www.seagaia.co.jp/japanese/hotel/spa.html

 

 

%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e6%9c%89%e8%b5%b7%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ビューティ&トラベルライター
石原有起(いしはら・ゆき)

大学卒業後、女性誌やウェブサイトを中心に、美容、旅行関連の取材・執筆を行うほか、美容皮膚科医や美容師などの専門家や、メディアに向けたレターの製作、TV・ラジオ出演、講演など多方面で活動中。現在は、“旅=楽しむだけでなく、美を磨くためのエッセンス”と捉え、国内外を問わず、旅先で美容スポットを体当たりで巡る取材を多く行う。“人生を彩るために、美容する”がモットー。

■ブログ:http://yukiishihara.com/
■Instagram:@yukiishihara1112

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事