健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2022.12.1

“美容”も魅せるボーイズグループ「BBM」が結成!メンバーの美容は?ニューシングルの見どころは?

男性の美容のトレンドを牽引していくような“美容に特化した”男性ボーカル&ダンスグループを結成すべく立ち上げられた「BBM~Beauty By Men~」。そこで勝ち抜いた4人が「BBM(ビービーエム)」として、12月に発売されるシングル「Butterfly」でデビューします。
今回は、メンバーの素顔と美容、そして今後の目標についてお伺いしました。

 

メンバーはこの4人。日頃心がけている美容とともに自己紹介!

Jun(23歳)/画像右
グループの最年長であり、リーダー的存在。
「小さい頃から野球をしていたのですが、元々肌が白いせいか、日焼けをすると肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりしてしまって。そのときから、日焼け対策は常に意識しています。野球を引退した今でも、肌の白さをキープしたくて、季節問わず毎日日焼け止めは塗るようにしています。今は、白浮きしにくく、ベタつかないビオレがお気に入りで、外出の時は、塗り直ししやすいスプレータイプも持ち歩くようにしています。」
特技はビートボックス。チャームポイントは目。「黒目が茶色くて、カラコンなしでもキレイと言われます。」(上田さん)

Kousei(20歳)/画像左
広島県出身のグループの年少メンバー。
「スキンケアは日課です。朝は毎日シートマスクを欠かさずにしています。今は、話題のCICA系のシートマスクを使っています。肌が整うのもありますが、朝シートマスクを使うと、シャキっと目覚める気がして。夜は化粧水、乳液とシートマスクをしています。」
特技はけん玉。1級を持っているそう!

Taiyo(17歳)/画像右中
愛知県出身のグループ最年少。
「スキンケアとヘアセットが好きです。実は、オーディションに合格していなかったら、美容学校に進学しようとしていたくらい!スキンケアは、母の影響で、以前からアイテムに触れる機会が多かったので、中学生から始めていました。今は、お風呂から出た後必ずすぐに化粧水を塗って、その後に氷を使って毛穴を引き締めています。毛穴がキュッとなるのを実感できて。そこから、化粧水を7回くらい重ね付け。その後にクリームを塗るというのを毎日続けています。」
特技は、絵を描くこと。

Keiju(22歳)/画像左中
グループでは2番目に年上。神奈川県出身で特技はフリーキック。
「最近は、ネイルにハマっていて。弟が美容学校に通っていて、ネイルをしているのを見たのがきっかけで始めました。今はオーロラっぽいジェルネイルです。偏光パールがおしゃれだなと。ネイルをキープしたくて、ハンドケアも頑張っています。」
チャームポイントは鼻。「高いとよく褒められます。“鼻が滑り台”って言われたこともあるんです(笑)」(松田さん)

 

「BBM」ってどんなグループ?

「BBM~Beauty By Men~」というオーディションから結成された「BBM」ですが、オーディションではどんなことが行われたのでしょうか?

Jun:オーディションでは、歌、ダンスに、質疑応答があって、質疑応答では美容の話もしました。

Keiju:審査員としてメイクアップアーティストの佐伯裕介さんが来られていたんです。最後に髪をあげて顔をしっかりチェックされていて…こんなにジッと間近で顔をチェックされるオーディションは初めてだったので、それもこういう“美容”も頑張っていくグループならではなんだなと思いました。

Taiyo:確かにあれはビックリでした!急に「髪をあげてみてください」って言われて、「怒られるのかな…」って思いました(笑)でも、「こんな髪型似合うよ」とかのアドバイスもいただけて、うれしかったです。

Keiju:オーディションの後は受かる自信が全くなかったんですけど、ダンスも歌も、質疑応答でも自分の美容のことを語り尽くした感はあったので、これで落ちたら仕方ないなとは思っていました。自信はなかったけど、悔いもなかったですね。

Jun:僕も最終審査では、1か所歌詞を間違えちゃって、落ち込みました…。

Kousei:僕は広島からの参加だったので、長距離移動が辛かったです(笑)だからこそ、頑張って来たんだから全力でやろうっていう気持ちは強かったです。

 

“美容”という新たな視点から誕生したグループですが、今後の活動について注目ポイントを教えてください。

Jun:具体的な活動はこれからですが、グループのコンセプトが“美容”なので、美容に関する活動も増えていくと思います。以前は男性と美容の関係ってあんまりないというイメージでしたが、今徐々にそれが変わってきて。でもまだまだ発信される情報は少ないと思います。僕の周りでもメイクをしている男性の友人たくさんいますが、やっぱり「何をしていいのかわからない」と迷っている人も多くて…。だからこそ、僕らが発信して、その最先端のグループになれるようになりたいと思います。

Kousei:もちろん、歌とダンスも頑張っていきたいですよ!実はメンバーのほとんどがダンスも歌も経験が浅く、小さいときからレッスンを重ねてきたわけではないので。でも、それぞれ個性はあると思うので、そこはしっかり伸ばして、僕らならではのパフォーマンスができたらいいなと思います。

 

12月14日にファーストシングル「Butterfly」が発売されますが、曲の見どころを教えてください。

Keiju:女性に恋をする男性目線で描かれた歌詞になっています。明るさもあるし、悲しみもあるし、色気もあるし…色々な感情が混ざった歌詞や曲調になっていますので、ぜひ楽しみに待っていていただきたいです。

Taiyo:実はミュージックビデオにも“美容”が隠されていて。口元や目元のビューティショットを背景にしているんです!

Jun:そうなんです。やはり“美容”と“ミュージックやダンス”を融合させたいというところから、背景で“美”を表現したミュージックビデオになっているんです。

Keiju:もちろんメイクもしているので、口元や目元のヨリのカットでメイク感も見てほしいですね。

 

ズバリ今後の目標を教えてください!

Jun:まずは一人ひとりの顔と名前を憶えてもらいたいですが、夢は全国のツアーで回れるくらいのグループになっていきたいです。個人的には歌やダンスはもちろんですが、俳優やモデルなど色々な仕事にトライしてみたいと思います。

Taiyo:まずはこういう人たちがいるってことを知ってもらって、「あ、この人たちのメイクとか美容を参考にしてみたいな、やってみたいな」って思ってもらえるようになりたいです。あと、夢は大きく、コスメのブランドのイメージヴィジュアルとかもやってみたいな!

Kousei:僕は雑誌の表紙とかもできるようになりたいな。そのために今できることを精一杯頑張ります!

Keiju:「美容っていえば、BBMだよね。」って言ってもらえるようになりたいですね。今後見てくださる方に、常に輝いている姿を見せていきたいです。

◆◆◆

“美容”に特化した新しいジャンルに挑戦する「BBM」。今後の活動が楽しみです!

 

NEWデジタルシングル「Butterfly」もチェック!

メジャーデビュー作品となるデジタルシングル「Butterfly」は、想いを寄せる女性を蝶に例えた恋愛ソングに。蝶のように自由に煌びやかに立ち振る舞う彼女を美しいと感じながらも、できることなら独り占めしたいと願う複雑な男心を艶やかに歌いあげた楽曲となっています。

BBM公式Instagram>>

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事