特集
2017.4.17

Gストリングは上級者向け!今さら聞けない「Tバックの種類」まとめ

挑戦してみたいけれど、ちょっと勇気がいる下着“Tバック”。「Tバックってお尻が丸出しになるんでしょ?」なんてイメージを抱いている方は多いかもしれませんね。ですが実は、Tバックにもいろんな種類があるのです。

ここでは、今さら聞けないTバックの種類と、Tバック別のメリット・デメリットをお伝えしていきたいと思います。

 

チーキー

まずは、チーキーから。チーキーは、フロント部分は通常のショーツと同じ。後ろはヒップの上半分あたりまで布面積があるため、Tバックのなかでも初心者さんが挑戦しやすいタイプです。プリッと露出したヒップの下半分が何ともいえない可愛さです。

ただし、ピタッとしたボトムス着用時に、若干下着のラインの響くことがあるので、ワイドパンツやフワッとしたスカートのときに着用することをオススメします。

 

ソング

続いては、ソング。ソングは、みなさんが想像するTバックの形に最も近いでしょう。フロント部分は通常のショーツに近いのですが、ヒップ部分はまさにT字。ヒップの露出が一気に増えるので、Tバックに抵抗がなくなってきたTバック中級者さん向けです。

ソングは、比較的下着のラインが響きにくいのですが、ヒップ上部にラインがでます。スキニーパンツやタイトスカートなどヒップにピッタリと沿うようなボトムスを履くときは、次に紹介するGストリングをオススメします。

 

Gストリング

最後は、セクシーさNo.1のGストリング。フロント部分はV字、サイド・ヒップ部分は細いひも状のTバックです。Gストリングであれば、ほぼ下着のラインが響くことはないので、どのようなボトムスを履くときにも適しています。

ですが、一つ気を付けたいのが、運動時。足やヒップを動かすとひも部分の食い込みが強くなるため、痛みを感じることがあります。

また、下半身がむくみやすい方も、ひも部分が食い込みやすくなるので、長時間の着用を控えるなどの工夫をしましょう。

 

以上、代表的なTバックの種類とそれぞれの特徴をお話しました。「Tバックは抵抗がある」、「着用時に不快感がある」という方は、上記の特徴を参考にTバック選びをしてみてはいかがでしょうか。

 

初出:美レンジャー  ライター:高木沙織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事