ボディケア
2019.5.15

ひじ・ひざ・わきの下・ビキニラインの黒ずみケア|薄着&水着になる前に! 美容のプロが教える黒ずみ解決術

段々と日差しが強くなってきて薄着になる機会も増えてきました。そこで気になるのがひじ・ひざ・わきの下・ビキニラインの黒ずみ…。銀座ケイスキンクリニック 院長の慶田朋子先生、美容家の深澤亜希さん、ボディメンテナンスセラピストの久 優子さんに対策法を伺いました。

過度な摩擦に気をつけながら念入り&こまめな保湿を

201906g2101
「ひじやひざなどが黒ずむ原因は主に、日々の生活の中の度重なる摩擦! また、わきの下やビキニラインの黒ずみはムダ毛処理の際の肌ダメージ&下着や洋服の摩擦が要因。なかなか積極的にスキンケアしない部位ですが、角質ケア+保湿を強化してコツコツお手入れを続けてみて」(深澤さん)

「アトピー性皮膚炎などの炎症後のわきの下、首、そけい部などの黒ずみはホームケアではなかなか改善できないことも。炎症を繰り返し黒ずみが慢性化している場合は、ピコレーザーなどマシンを使ったクリニック施術が有効」(慶田先生)

 

こんなことにも注意を!

□ ひじ、ひざをついたり、硬いイスに長時間座ったり…物理的摩擦にも気をつけて
□ 下着の摩擦にも注意。肌当たりのいいものを選んで
□ お風呂ではナイロンタオルのゴシゴシ洗いはNG
□ 無理なムダ毛処理も黒ずみの原因に。傷つけないよう優しく行って

負担にならないマイルドな角質ケアを取り入れる

【ひじ、ひざ、そけい部、わきの下、お尻】
「透明感を引き出すにはまず、角質ケアを定期的に行い肌の代謝を高めることから。ただし刺激になってしまうと元も子もないので、アイテム選びも重要です」(深澤さん)

201906g2102
(左から)
角質+保湿のWケアゲル
角質+保湿ケアがひとつで完了。塗るだけ、“剥がさない”角質ケアだから負担感ナシ!
タカミ タカミスキンピールボディ 200g ¥5,741

痛くないソルトスクラブ
優しくのび広がる、桜色のペースト状スクラブ。
フローラノーティス ジルスチュアート チェリーブロッサム ソルトボディスクラブ 200g ¥4,500

オイルラップの集中保湿で黒ずみ改善

【ひじ、ひざ】

「ひじやひざは保湿不足でくすんで見えてしまっていることも。たっぷりのオイルを塗りラップで包む“オイルパック”を頻繁にすると透明感がアップ」(久さん)

201906g2103
ザラつきを改善ししなやかボディに。
ヴェレダ・ジャパン ホワイトバーチ ボディオイル 100ml ¥3,800

201906g2104
引き締め&デトックス効果も。
AiB AromaProOrganics×美・Conscious ボディオイル シェイピング(SH) 50ml ¥7,200

【POINT】
201906g2105
ひじやひざにオイルをたっぷりめに塗り、ラップで包んで10~15分おくだけ。しっとりなめらかに整いハリが出て、肌色もトーンアップ。

ナチュラルな専用クリームでまめに保湿&ブライトニング

【そけい部、わきの下】

「デリケートゾーンやわきの下など皮膚が薄くデリケートで経皮吸収率が高い部位は、肌に優しく負担にならないアイテムでケアを。保湿+ブライトニング効果のある成分にこだわったクリームがおすすめ」(深澤さん)

201906g2106
デリケートゾーンのケアに
自然由来成分95%以上の安心・安全設計。和漢植物エキスが気になる黒ずみにアプローチ。
サンルイ・インターナッショナル アンティーム ホワイト クリーム 100g ¥2,600

クリニックで一発逆転ケアならピコレーザー&トーニング

「世界最高レベルのキレ味をもつシミ・肌質改善レーザー“ピコレーザー”を低出力で照射しくすみを改善するダウンタイムのない施術。1回でもトーンアップしますが、3~4回繰り返すことでより確実な効果が」(慶田先生)

201906g2107
銀座ケイスキンクリニックでのピコトーニング照射は、両ひじ・両ひざ・そけい部(Vライン~そけい部)各1回¥30,000(照射範囲により金額が変動)。

 

お話を伺ったのは…
keida
銀座ケイスキンクリニック 院長 慶田朋子先生
スキンケアの的確なアドバイスに加え、最新美容医療を駆使した効果的な施術に定評あり。
https://www.ks-skin.com/

201906g210fukasawa
美容家 深澤亜希さん
見ほれる程キメ細かく透明感にあふれるツヤツヤ肌&美ボディのもち主。著書に『人より輝く魔法』(宝島社)など。

201906g210hisashi
ボディメンテナンスセラピスト 久 優子さん
美脚トレーナー・パーツモデルとしても活躍。5月2日に新著『たたいたら、やせた。』(宝島社)が発売。

 

『美的』6月号掲載
撮影/中田裕史 イラスト/ツグヲ・ホン多 構成/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事