ボディケア
2017.8.3

毎日1分で痩せ体質に!痩身専門の整体師が教える「骨盤ストレッチ」

体のラインが気になる季節がやってきました……。イベントに合わせて期間限定のダイエットをしてはリバウンドを繰り返していませんか? そんな緊急ダイエットはもうやめて、“ずっとキレイな体”を目指しましょう!

今回は、美容ライターとして活動する筆者が、『渋谷DSクリニック』の整体師・有福大典先生に“やせ体質になる骨盤ストレッチ”を教えていただきました。どのストレッチも1~2分でできる簡単なものなので、ぜひ毎日の習慣にしてくださいね。

渋谷DSクリニックの整体師・有福 大典先生

 

骨盤とやせ体質…どうつながるの?

まずはじめに、骨盤ストレッチがなぜダイエットにいいのか伺いました。

「骨盤が歪んでいると血行が悪くなります。すると体が冷えて、脂肪が溜まるという悪循環に陥ります。一日3食バランスのいい食事と併せて、骨盤ストレッチを行い歪みをとると血行がよくなり、体が温まって脂肪の蓄積を防ぐので、やせ体質になれますよ」と有福先生。

“骨盤の歪みがよくない”とは聞くものの、脂肪が溜まるとは知らなかった! これは放っておけないですね。

それでは早速、有福先生に教えていただいたストレッチを見ていきましょう。

 

1:仙骨ごろごろ

【1分】

仰向けに寝て腰が浮かないように両膝を抱え、体を左右に揺らす(腰の中心にある仙骨を刺激しましょう)

実際に行ってみると、腰の辺りが軽くなりとても気持ちがいいです。骨盤の歪みだけでなく、デスクワーク等での腰の不快感を感じる方にもオススメです。

 

2:つけ根ストレッチ

【40秒×両足】

(1)仰向けに寝て片方の膝を両手で抱える

(2)上写真下段のように、持っている脚とは逆側の肩へ引き寄せながら、手前に引く。イタ気持ちいいと感じるところで40秒キープ

もう片方の脚も同様に行ってください。脚を手前に引き寄せる際に、腰が浮いてしまわないように気を付けましょう。

 

3:ブリッジストレッチ

【40秒~1分】

仰向けに寝て両膝を立て、肩幅くらいに開く。両手のひらをつけてお尻を押し上げ、40秒~1分キープ

ポイントは、上写真のように膝から肩までまっすぐのラインにすること。腰が落ちてしまったり、逆にお腹が出っ張り過ぎないように注意しましょう。

 

4:関節開閉ストレッチ

【40秒+40秒】

(1)足の裏をくっつけて座り、手のひらで膝を外側に倒して40秒キープ

腰を曲げないように気を付けながら、両手に少し体重をかけるようにして行いましょう。無理のないように徐々にストレッチしてくださいね。

(2)仰向けに寝て両膝を立て、肩幅より広く開く。手は体の横に置いて手のひらを床につける(下写真1)

(3)ももの内側をくっつけて40秒キープ(上写真2)

普段の生活では鍛えにくい内転筋(太ももの内側)を意識し、骨盤が開いてしまうのを防ぎましょう。

 

有福先生によると、「ストレッチを行うのはいつでもOK。習慣にして毎日行うと、より効果的です」とのこと。少しずつでもいいので習づけましょう!

 

【画像】

※ 渋谷DSクリニック

 

【取材協力】

有福 大典・・・プロ野球選手やプロゴルファーのスポーツトレーナーを経て、『渋谷DSクリニック』の整体師として活躍中。現在までに2万人以上の骨や筋肉を調整に携わり、ゴッドハンドとして数多くの著名人からも絶大な支持を受けている。

 

 

初出:美レンジャー  ライター:鈴木たかこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事