カヨッキズム
2016.5.23

【ズルいコスメ vol.8】ムラづけもはみだしも気にならない、血色リップはここまできた!

天野佳代子は知っている! ズルいコスメ vol.8
今月のテーマ ムラづけもはみだしも気にならない、血色リップはここまできた!
誰でもつけこなせる新形状ステインリップ

私が20代の頃、赤リップは女子の憧れでした。なんら特別なことではなく、さらっと赤リップをつけている人こそがおしゃれという時代。なのにいざ赤を塗ってみれば「今日、なんかあるの?」と、いつもは鈍感なおじさま編集者にまで聞かれるあり様。赤リップをつけている日は何かあるという疑惑を生むものになってしまいました。赤を自然につけこなす人がいる一方で、私のように悪目立ちだけの人もいる。この差はどこにあったのでしょう。肌色や顔だちなど、赤との相性がいくつか考えられますが、実は昔はリップそのものにも問題がありました。当時は発色がやたら良く、しかも厚づき。その濃厚な鮮やかさに負けてしまう人の方が多かったように思います。でも、今は同じ赤でも発色、質感を選べる時代。特に最近台頭してきたステインリップ系は唇が染まったように色づく。血色のようなふんわり発色だから、はみだしやムラも気にならず。濃いめリップに躊躇している方、これなら間違いなくこなせます。

そのズルをかなえるコスメ

写真右から/リップクリーム感覚で気軽に使える。アディクション ティント リップ プロテクター +モア パラノイア SPF20 ¥2,500  色もツヤも潤いも持続。アナ スイ リップ カラー ステイン 400クリアレッド ¥2,500 ぽんぽんづけで手軽。あえてのムラづけがかわいい。ランコム ジューシー シェイカー 372 ¥3,000 濃いめカラーが中心。でも、自然に優しく色づく。トム フォード ビューティパテント フィニッシュ リップカラー 03 ラバジュール ¥6,000

今月聞かれたコスメ

この肌色アイクリームが
夕方の小ジワ&くまを救います

編集部は冬が暑い。夏は寒い。肌において、最悪な環境下です。だから、鏡を見る度にがっかりします。乾燥でシワシワになった目元。潤わせたい、加えてファンデーションのよれを直したいと思っていた所に、この肌色アイクリームを発見。うっすらと色がのって、目元の潤い感も充分。ゆるゆるテクスチャーが好きで、乾いた箇所にも使ってしまっています。

シワシワの目元が生き生きと復活!
デクレオール オーラブソル アイクリーム ¥6,500

コンシーラー程カバー力はないけれど、あふれる潤い感が目元を生き生き見せて、くまを和らげます。目元専用のCCクリームのような感じ。

美的6月号掲載
撮影/田頭拓人(人物)、吉澤康夫(静物) デザイン/GRACE.inc 企画/石山照実(Beautyeditor) 構成/天野佳代子(本誌)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事