Other
2012.3.13

杉本彩さんの連載「本気美道」vol.6┃大人のベースメークは薄づき志向

Q:彩さんの美肌を活かす、ベースメークのこだわりを教えてください。

「年齢を重ねれば重ねるほど、メークは薄づきにしなければいけないと思っています。というのも、厚塗りのメークでは化粧が崩れたときに目元のしわや法令線がかえって目立ってしまうから。私の場合、ベースメークに使うのはカバー力があってのびのよいリキッドファンデーションと、2色のミネラルパウダーのみ。基本的にはテレビの仕事もセルフメークで対応しています。大人のツヤ肌を作るコツは、スキンケアの段階で肌に水分と栄養をたっぷり与えておいて、まだ潤いが残っているうちにファンデーションを重ねること。これでにじみでるようなツヤが生まれるんです」(杉本彩さん)

杉本彩さんのベースメークプロセスを公開!

 

彩さんがプロデュースしたコスメブランド「リベラータ」のベースメークシリーズ。右上/リベルスキン ファンデーション ダマ エレガンテ 20ml ¥6,300 中/リベルスキン ミネラルパウダー(上シャンパン ベージュ ハイライト、下バニラ ベージュ ハイライト)15g 各¥4,200 左/リベルスキン メイクアップブラシ¥3,570
ファンデーションを半プッシュ程度手に出し、おでこ、両頬、鼻、あごの5点に置く。次に指の腹を使い、顔の中心から外へ全体に薄くのばしていく。
目の下のくまなど気になる部分は、コンシーラー代わりにファンデーションをもう一度指の腹で軽く叩きこむのが彩さん流テクニック。「薄づきなのでコンシーラーよりもずっと自然に仕上がります」。
仕上げは2色のミネラルパウダーで自然な立体感を演出。まずはバニラ ベージュ ハイライト(明るい色)をブラシにとり、頬やTゾーンなど高く見せたい部分に筆を垂直にあて、トントンと毛穴を埋めるようにパウダーをのせる。次にシャンパン ベージュ ハイライト(ダークな色)をフェースライン、小鼻、まぶたにのばす。

■杉本彩 公式ブログ
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事