Other
2011.8.2

北の国から美的通信vol.13 地元で人気のミルクジャム専門店、函館の新しいお土産に!

みなさんこんにちは。関東はじめ、全国的に夏になる前から夏のような暑さのようですね。ここ北海道も7月上旬は例年よりも高い気温だったのですが、今は例年並み。朝晩は涼しく、とても過ごしやすいです。

白い壁に囲まれたお店は、こじんまりとした空間。奥に見えるのがジャム工房。
ズラリと並べられたミルクジャム。ギフト用の箱もあり。
すべてのジャムが試食することが可能。プレーンクラッカーにつけてくれます。
私のおすすめは、一番人気の「カマンベールのミルクジャム」(¥720)と、「アスパラミルククリーム」(¥720)。コーヒーのお供に、ついこのまま食べてしまうくらい止まりません(笑)。
金森洋物館(赤レンガ倉庫)の外観。真っ青な空にこの建物がよく映える!

さて、今回は函館の観光名所でもあるベイエリア「金森洋物館(通称赤レンガ倉庫)」内に昨年8月にオープンした、ミルクジャム専門店『LE CONFITURE(レ・コンフィチュール)』をご紹介します。
その名の通り、地元函館の函館牛乳をふんだんに使ったミルクジャムを販売しているのですが、驚くのは味のバリエーション。なんとその数、40種以上!

気になるそのバリエーションですが、ミルクと相性のいいキャラメルやいちご、ブルーベリーなどはもちろん、少し前に話題になった塩味等もあります。

でも、私が美的読者に特におすすめしたいのが、野菜ペーストを混ぜたベジタブルジャム。アスパラやとうもろこし、かぼちゃなど、北海道を代表する野菜のペースをふんだんに使っているんです。
ミルクジャムと野菜…いったいどんな味なんだろう…と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、きちんと野菜の味がするんです。しかも後味はミルクの優しい甘さがほんのり残るので、スイーツ感覚に近いといったほうがいいかも。

パンにつけて食べるのはもちろん、クラッカーやクッキー等につけて食べるのもおすすめだそうです。

店内では、すべてのジャムを試食することができるので、じっくり味わって、お気に入りの品を見つけてみるのもいいかもしれません。

ちなみに、お店はとてもこじんまりとしたかわいい空間ですが、店内で売られているジャムはすべて奥の工房で作っています。新鮮なジャムが買えるのも嬉しい限り。ジャムのほかに、この夏から、「ハスカップジュレ」やいちごクッキーにホワイトチョコをコーティングしたクッキーも新発売。ぜひ、函館に来た際には、足を運んでお土産にどうぞ。

<お問い合わせ>
レ・コンフィチュール
[住所]〒040-0053
北海道函館市末広町13-9 金森用洋物館内
[TEL&FAX]050-3523-1185
※地方発送もあり。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事